アッシュ系の髪の色 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

アッシュ系の髪の色

kaminoke
髪の色を変えたんである。
わたしの髪は、髪質からいって、ふつうに染めると赤っぽくなるらしいので、今回は緑を混ぜて、アッシュ系のくすんだ茶色にしてもらった。
わりと気に入っている。
ほんとうは、「アッシュ系のミルクティー色にしてください」と言ったのだが、「メンテが大変ですよ。1ケ月もしないうちに黄色になりますよ」と言われたので、これにした。

いまでも、金髪にしたいという思いがあるが、毎回メンテのことを考えると無理だと思う。
それに、恋人Sちゃんや母親が「金髪は似合わない」と反対している。
でも、そんなの聞く耳を持たないわたしなので、この度もみんなに黙って「アッシュ系のミルクティー色」をオーダーしたわけなのだが、まーやめてよかったんだろうな。
50歳で金髪にしたら、ちょっと若作りにみえるかもしれん。

ところで、髪の色を変えたところで、気分を変えて、眉毛の色も変えようと思い、どんなのがいいかなーとネットで検索したのである。
そこでいろいろ考えたのだが、結局、明るい茶色の眉マスカラを使ってみようかと思う。
男性で知らない人のために書いておくと、眉マスカラは、マスカラのように眉毛を一時的に染めるものである。(説明になっているのか・・・。)
眉マスカラは初めてだー。
わたしは、ふだんなんにもしない怠け者だが、いったん火がつくと、ばたばたと何かをしてみたりする。
今日、診察日で外出するから、買いに行こーっと。
そんで、駅のトイレで眉マスカラすんの。
もう、やっていることが高校生と変わらんな。

でもこうやって、ときどき火がついて、あれこれお洒落しようとするから、引きこもり生活をしていても、昔のファッションのままという事態には陥らないですんでいるんだろうな。
50歳でお洒落をしている人は、わたしの周りにはあまりいない。
わたしは、小さい頃から「歳をとった人ってダサイ」と思っていたので、自分は新しいものをあれこれ選択して、取り入れていこうと思う。

あくまで若作りにならない程度にね。
さりげないファッションっていうやつは、わたしは嫌いなので、若くないけどヤンチャです、の路線かな。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。