化粧にはまる。 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

化粧にはまる。

keshouhin2

化粧に情熱が燃え始めたのである。
昨日、わたしは結局、アイブロー(眉墨)をパウダー系のものにして、ふんわりとした優しい眉毛をつくるのに余念がなかったのだが、今度はさらに、アイシャドーまで欲しくなり、すると色合わせのために、口紅まで欲しくなってしまったのだった。
そういえば、ファンデーションも切れかけているんだよね。
今度、一新しなければならないのではないだろうか。

それを恋人Sちゃんに言うと、「じゃあ、土曜日買いに行こうか。何十分でも、ゆっくり見てるといいよ」と、とても寛大なことを言ってくれるので、「う、うん・・・」とうなずいていたのである。
もしかしたらSちゃんは、わたしが女の子女の子している方がいいのだろうか。
いつもあぐらをかいて可愛くないので、あり得ることだ。
でも、化粧品を選ぶのって、わたしの場合、ほんとに時間がかかるんだよ。
大丈夫なのかなあ??

ほんと言うと、今朝にでも買いに行って、今日一日はお化粧の日、みたいなことをやりたいのだが、うちの家はへんぴな場所にあって、お店なんかなにもない。
今度、ショッピングセンターができるらしいが、いつの話なんだ、それー。
ということで、あとは父次第なんだけれど、父は何十分も待ってはくれないだろうから、まず無理だなー。
やっぱりSちゃん頼みになるのかなー。

ところで、こんなにわたしが化粧に情熱を燃やしていても、男性はそんなの全然気にしていないことも知っている。
Sちゃんだって、わたしが髪の色を変えたのも、眉毛を変えたのも、ぜーったいに気づかないはずだ。
たとえ、化粧品を全部変えたところで、気づかないだろうな。
だから、これは徒労なのかというと、そうではない。
女性にとって、というかわたしにとって、化粧を好きなようにするっていうことは、快感なのだ。
つまり、自分が満足するためにやっているのである。
Sちゃんが、「よくそんなに、商品をあれこれ見ていられるな・・・」と呆れても、わたしはやり始めたら止まらない。
こういうの、一気にやらないと、わたしは駄目なんだよ。
止まると、方向性がわかんなくなるの。困ったもんだと思っているけれど。

サテ、わたしの変身大作戦は成功するのだろうか。
自分の顔で遊ぶのって、ほんとに楽しい~。
遊び過ぎて、極端にならないことがポイントなんだけどね。
遊び道具とはいえ、やっぱ人に見せるものだから。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。