バスタイムの楽しさ - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

バスタイムの楽しさ

furo3
今回の週末+1日は、恋人Sちゃんとマンションで過ごしていたのである。
そこでわたしは発見した!
ついに、わたしがお風呂で石鹸を使って、身体を洗える方法が見い出されたのだ。

それは、とても簡単なことだった。
要するに、西欧式に風呂に入るだけのことだった。
どうしてそんな話になったのか忘れたが、わたしがお風呂に入れないことを知っているSちゃんが、「泡の出る石鹸とボディブラシを買おう」と言ってくれたのである。

そんで、わたしたちは、石鹸屋でバブルソープを買い、ドン・キホーテで豚毛のボディブラシを買った。
わたしは、お風呂をボディソープで泡泡にし、どぼんと浸かって、あー気持ちいい~~と一息ついた。
そして、やおらボディブラシを取り出し、そのまま身体をごしごしこすったら・・・、あ~~もっと気持ちいい~~。

思わず、Sちゃんをお風呂に呼んで、「見て見て。わたしって、優雅?」と、泡泡のなかでブラシを動かしながら、アホな質問をしてしまった。
いやもう、これなら、全身ちゃんと石鹸を使って、洗えるよ。
ありがたい~~。
ここに書くのは恥くさいが、わたしはこの度、身体を石鹸を使ってこする、というのは数ヶ月ぶりだったのである。
身体をこするって気持ちいいなあ!
このブラシがあれば、わたしは生きていけるよ。
ありがとう、ボディブラシ。そして、いつもは使えないと思うけど、バブルソープ!

すっかり機嫌をよくしたわたしは、このボディブラシは実家に持って帰ることとし、あともう1本、マンション用に新しく買うことにした。
バブルソープは、さすがに家族のいる家では使えない。
だから、これからのわたしのお風呂生活は、3日に一回の身体のゴシゴシと、2週間に1回の石鹸を使ってのゴシゴシとなる。
ふつうの人に比べたら、まだ汚いかもしれないけれど、いまのわたしにはこれで精一杯だ。
これで、夏になったら首元に垢が浮いていました、なんてこともなくなるだろう。

なんて収穫があった週末だが、あとまー、ほかにもいろいろ収穫があって、本とかゲームなんだけど、それはまた機会があれば書きます。
疲れたのは、暇になったSちゃんに、本棚の整理の手伝いをさせられたことね。
Sちゃんは、いつも動いていないと息ができない回遊魚だから、わたしの散らかったマンションの中を見て、「お片付けしない?」と言い出して、わたしの部屋を綺麗にしてくれるんだけれど、わたしも付き添わないと、捨てていいものと悪いものがわかんないから、結局付き合わされるんだよね。
その結果、部屋が綺麗になるんだから、これも収穫といえるんだけれど。

該当の記事は見つかりませんでした。