ままごとの世界 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

ままごとの世界

mamagoto

ぽわ~ん。
いまは、料理ゲーム改して、ままごとゲームにはまっているのである。
これって、だいたい幼稚園児くらいが対象のゲームなの。
説明は全部ひらがなだし、園児が飽きずにすむように、ぱっぱと次から次へと画面が変わっていく。
そんで、ママがいろいろほめてくれる。
あ~楽だ~。天国だ~。
こんな、ゆるい生活がわたしは大好きだ~。

このゲーム、わりと音とかリアルで、炒め物なんかしているときは、ほんとに具材が動いて、実際やっているように見える。
面白いわー。
こんだけなにも考えずにできるゲームっていうのも、少ないよ。
精神病院に入院しているときにあったらよかったなあ。
精神病院というところは呆れるほどに暇で、なーんにもすることがなくて、つい大人の塗り絵なんつー、まったく興味のないことまでしてしまう場所なのである。
だからって、状態が悪いから、読書したりTV見たり考え事とかできないしね。
こうゆう、ぼけーっとしながらなんとなく作業しているっていうのが、いちばん楽なの。

なので、わたしは、このゲームの続編を買ってしまった。
たぶん、いまのゲームは、一週間もしないうちに飽きると思うんだよね。
そういうわけで、今月のわたしのおこづかいは、とても早くなくなっている。
じつは、このままごとゲームのあとでやるゲームも決まっていて、それはRPGなのだが、もしかしてそっちはちょっとあたまを使わなければならないかもしれない。
でもまー、50歳のわたしが、いつまでも幼稚園児の世界で満足できるとは思えないので、たまに普通のゲームに戻るかなという感じである。
ああ、お財布が・・・。
こんだけ、ぱっぱとゲーム代にお金を使ってしまうのは、躁の症状なのかなあ。
躁の症状は、自覚できないのである。

かくして、しばらくは幼稚園児のあたまになって、おままごとをしていようと思います。
「ほどほどにしときや」と言った、恋人Sちゃんの真意はなんだったのか。
ええ歳してそんなゲーム、ほどほどにしときや、だったのかな。
まーいーや。
わたしのあたまはいま、ほんとにカラッポなんだから。
ああ、考えずにすむのって楽だ。

該当の記事は見つかりませんでした。