ゲームの狭間で - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

ゲームの狭間で


ゲームの合間である。

それにしても、巷に出回っているファッションゲームのつまらんこと。
ファッションゲームといいながら、仮想空間で自由にお洒落したい女性の心理を突いていない。
一つ、女性のかゆいところに手が届いているゲームを見つけたが、あとはダメダメだなー。
なんでって、これはたぶん男性のあたまでつくられたものだからだ。
お洒落に関心のある女性なら、絶対こんな仕様にはしない、と断言できるところがある。
お洒落も仕事も恋愛も~、とよく聞くフレーズをコンセプトにした女性ゲームもあったが、なんで楽しいはずのゲームで、経営の勉強をさせられたり、売上に追われたりせにゃならんの??
理解不能じゃわ。
およそファッションから離れたところにあるゲームをほっぽって、わたしは「ゲームって基本、男のためのものだな」と思うのであった。

そんで、ここ数日間、たぶん一日100歩も歩いていない日々が続いているのだ。
わたし一人だったら、一升瓶をデンと横に置いて、食べずにゲームだけしているんじゃないかな。
一日中ゲームしているわたしを、両親は咎めもしない。
たまに、「外にカラオケに行ってきたら?」と言うくらいである。
これは普通だと異常だが、わたしの場合、障害者なので、普通なんてものはない。
普通のスケールで自分を測られたら、悶絶するね。
だって、いまはもう普通のことができなくなってしまったんだから。

サテ、そういうわけで、たまにTVで見る普通の人々のことを「こんなことができるのか、なんて元気なんだ…」と思いながら、またゲームに戻ろうと思う。
いつ、現実社会に帰ってくるかな?
例年でいくと、春なんだけど。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。