ゲーム爆買いと躁症状 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

ゲーム爆買いと躁症状


またまた、ゲームの合間なのである。
いまやっていたのは、5歳児対象のママゴトゲーム。
2はよかったが、続編の3がクソゲーだった。
なんでゲームって、2がよくて3で外すかねえ?
土台部分を見失ってしまうというか。
続編でいきなり外すゲームは、よくある。

さて、このようにゲーム漬けの毎日なのだが、さすがに母が「今月、何本買ってるの?」と尋ねてきた。
何本って、えーと7本ですけど…。
さらにあと1本、アマゾンで注文しているから、いまの時点で8本だ。
って言ったらスゴイと思われるかもしれないが、ほとんどは700~3000円程度の中古である。
わたしから言わせれば、デイケアに行くのもカラオケに行くのも、最低1日1000円強かかるから、毎日出かけることを考えると、安く上がっているのである。
だいいちナンダ?
わたしは大人だぞ。
自分の金を自分で使っているんだから、なんの問題もないだろう。

とはいえ、わたしは躁鬱病患者。
躁鬱病患者が躁の時期に、爆買いしてしまうのは、よくある話なのである。
不必要なローンを組んだり、家を買っちゃったり。
金額からいえば、わたしは生来の貧乏性が出て、いつも被害は少なめなのだが、今回のゲーム爆買いが躁の症状だとしても、この調子だと、貯金を崩すような間違いを犯すには至らないだろう。
まー大丈夫ですって。
去年、毎日ヒトカラで6時間歌っていたときのことを考えると、財布の減りは圧倒的に少ない。

そんなわけで、ゲームはあと2本欲しいのがある。
たぶん、遅かれ早かれ手に入れるだろう。
でもわたしは知っている。
このゲーム熱がいつまでも続くことはないと。
だって、もともとコンスタントにゲームやってる人じゃないもん。
面白いゲームを見つけて、その続編および周辺を一通り食い荒らしたら、一応終息をみるのだ。

というわけで、まだしばらくはゲームの日々が続きます。
明日は診察日だけど。
チャンスがあったら、H主治医に、現状報告をしよう。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

該当の記事は見つかりませんでした。