りんごを落とされて - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

りんごを落とされて

ringo

昨日、あたまに来たことがあって、深夜にヤケ酒をしてしまった。
毎日、一日中やっているゲーム「とびだせ ○うぶつの森」だが、この度わたしの無線LANが開通したので、同じく「とび森」をしている恋人Sちゃんと、お互いの村を行き来したのだ。

そこで、事件は発生した。
Sちゃんは何を思ったのか、わたしの村へ着いたとたん、わたしを置き去りにしてダッシュし、わたしの家の横のりんごや花をむしり始めたのだ。
正確にいうと、わたしは置いていかれたので彼がどこにいるのかわからず、スカイプで「え? どこ? どこにいるの??」と言っている間のことだった。
わかったのは、Sちゃんが「あ、花むしってもーた」と言ってからだった。

「ちょっと! なにやってんのよ!! あーー!! りんごまで落ちてる!!」
わたしは絶叫した。
だって、わたしが村を美しくするために、わざわざ毎日花の種を買ってきて植えたり、りんごのなる木から、金になるりんごをわざと取らなかったりして労力を費やしていたのを、Sちゃんは知っていたはずなのに!!
Sちゃんは、「サーセン(すいません)」と言って、一応謝った。
でも、そんな謝り方されてもちっとも誠意を感じないし、落ちたりんごはもとに戻らない。
せっかく、家の横になったりんごを見て、毎日心を癒していたのに・・・。
あの人は、たかがゲームと思っているんだろうが、わたしにとってはたかがではない。
わたしの世界のミニチュアだ。
コツコツと積み重ねて作り上げてきた、わたしだけの世界だ。
それを信頼のおける人に見せようとしただけなのに・・・。
あかの他人なら、絶対村に入れなかったよ。
でもSちゃんは、あかの他人よりタチが悪かったね。

ゲームとはいえ、わたしのこころは傷ついた。
Sちゃんがわたしに嫌がらせをするわけないから、あの人はきっと、ゲームの法則を知らないんだろう。
「こういうことをしてはいけない」とか「ここはこうしたらいい」とかいう、不文律をわかっていないんだ。
そんな危険な人を、わたしの村に二度と入れるわけにはいかない。
すると現実で、なぜあんなに苦労して、新しいルーターを買って無線LANにしたのか、というところまで徒労に思えてくるのである。
すべて、Sちゃんと一緒に「とび森」をするためだったのに。
なんであんなことをしたの。
あんなに、無線LANが繋がらない、繋がらないって言って、Sちゃん自身も苦労したはずなのに。
「サーセン」なんて言っても、もう遅いよ。
わたしがりんご一本にかけてきた労力も、ルーターをつけるために費やした労力も、全部無駄になってしまった。

そんで、りんごのなくなった、わたしの家の横の木をみるたびに、わたしはこころを痛めているのである。
今日もヤケ酒をしなきゃ、しんどくてやっていられない。

該当の記事は見つかりませんでした。