不安感に襲われる。 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

不安感に襲われる。

uzumaki

うう。片頭痛で目が覚めた。
今日も、あまりよくない日の予感だ。

昨日は、訳のわからない不安感・不穏に悩まされて、一日中生きた心地がしなかった。
朝は具合がよくて、調子よくカラオケに行ったのだが、着いた瞬間から動悸がして手が震えはじめ、歌どころではなくなったので、すぐに帰ってぐったりと寝た。
どうしたんだろう。
食事もまともに通らない・・・。
代わりに、水分を異常に摂る。
昨日は5リットルの水分を摂った。
飲み過ぎだ・・・。たぶん、落ち着かないから、水を口に運ぶんだろう。
どうしたらいいんだ、ああ。

でもこれはきっと、ほんとうに不安なのではなく、症状なのだ。
不安はないのに、どこからか不安感というものが、脳みそを支配する。
だから、こんなものに負けてはいけない!
わたしは、不安感と闘いながら、ずっと家のなかをぐるぐる歩いていた。
しんどくてしんどくてたまらなかった。
夕方ごろは、うつが来ているような感じで、全身倦怠感があり、ときどき倒れ込みながら、それでも歩いた。
これは、うつと躁の混合状態ってやつかもしれない。
混合状態は、躁うつ病患者にとってしんどいものだ。
でも、これとも打ち勝っていかなければならないのだ!

夜、恋人Sちゃんとスカイプで話している間も、不安感がずっとあった。
Sちゃんがなにを話しているのかよくわからない・・・。
彼は、「水の飲み過ぎで、ナトリウムが不足していて、それでしんどいのかもよ」と言った。
まあ、確かにそうかもしれない。
でも、あのしんどさは、うつなんじゃないかとわたしは思う。

今日、Sちゃんは仕事だが、早く帰ってくるので、スカイプで暇つぶしに話をしようと言ってくれた。
特別に話すこともないんだけれど、わたしが「暇が原因で水を飲み過ぎるような気がする」と言ったからだ。
水の飲み過ぎについては、まだはっきりとした原因がわからない。
不安感についてもそうだし、なにもかも、すべて病気のせいだと考えていいものだろうか。

該当の記事は見つかりませんでした。