足の熱にうなされて - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

足の熱にうなされて

surippon

捻挫足が痛いので、だっせースリッポンなんか履いて、両親との買い物に出かけているわたしなのである。
捻挫足の腫れはまだひどく、普通の靴が入らない。
皮膚は紫色にどす黒く、醜い姿を現している。
これが黄色になったら快復の兆しで、その頃には腫れも引くだろう。

サテ、恋人Sちゃんから離れて、2日間。
わたしは改めて、自分がなんでSちゃんとくっついているのか、ぼんやり考えた。
いちばんはやっぱ・・・、包容力だろうな。
彼は年の功だけあって、わたしが何を言っても何をしても、平気でいる。
しかしそれは、無関心と紙一重なものだ。
わたしは、自分のアクションに対して、まともなリアクションが返ってこないことに、しばしば苛立ちを感じている。
たとえばわたしが冗談をしたとしても、彼は気づかないんだろうな。
ジェネレーションギャップが大きすぎるから。
実質、8歳差だが、わたしが精神年齢が低いのと、彼が早婚で孫8人というゴッドファーザーぶりなので、あまりに笑いのツボが違い過ぎるのだ。
孫の話なんてされた日にはだよ・・・、あなたは、おじーちゃんなんですか、って思ってしまうもんね。その通りだけど。
同級生に、おじーちゃん・おばーちゃんになった人は、まだ一人もいない。
子どもの話をする人は許せる・・・、でも、孫の話をする人って、男女の興味の範囲に入るか?
なんか、子どももいないわたしにはきついぞ。
わたしって、おじーちゃんを彼氏にしてるのかあ~、って、ちょっと刹那的に感じてしまう。
うん・・・、これは確かにあるな。
わたしは、おじーちゃんを彼氏にしたくない。

それを裏打ちするかのように、Sちゃんはおじーちゃんのような、回りくどいしゃべり方、同じことを何度も言う、などといった、しゃべり方の癖について、わたしの気に障ることがたくさんあるのだ。
わたしはおやじギャグは100%わからないのだが、彼にそれを言っても、まだおやじギャグを連発する。
そして、わたしがわからないまま「ふーん」とか言っていると、「いまのはこうで」と解説までするのだ。
それが面白くないのなんのって。
わたしのこころは、そのたびにしおれていくのである。
お願いだから、おやじギャグだけはやめて・・・、それ孫は好きだと思うけど、わたしは嫌いだから、と眉間にシワを寄せて、深く考え込むのである。

ねえ、どうだろう?
このブログをずっと読んでくれている人ならわかるよね?
わたしは言葉のセンスがない人と、おやじギャグは嫌いなのよ。
Sちゃんについて、ここらへんでちょっと考えてみようという気になるのは、自分的には自然かなと思うの。
あとわたし、たいてい恋人は1年で更新し直すしー。
そろそろ、更新の日が近づいているかなと思うの。
でもさ、男も女もそうだけれど、いいのは全部、もうすでに人のモノになっているんだよね。
ここがきついわー。
わたしは幼いころ、45歳くらいまでの自分はイメージできたが、それ以降は暗黒の闇であった。
いま暗黒の闇にいて、やっぱり45歳以降は暗黒の闇じゃんかよと思う。
でも、周りを見渡せば、50歳過ぎて、年中無休で彼氏・彼女がいる人って、あんまりいないみたいだね。
みんな、つまんなくないのかなー。
わたしは、もしSちゃんをふったら、次次、といそいそと探すけれどね。

とまあ、やっぱり「いい女」でないわたしが、ぼやいているわけであるが、つらつらと考えてみるに、わたしのどこが「いけてない女」だったんだろうなー。
うーん。
男に対する真摯さ・・・が欠けていたのかな・・・。
なまじ、最初の段階で二股をかけられたので、「男って、浮気者なんだ」と心に刻み込まれてしまったのかな。
不幸だ・・・。
たぶんね、最初はわたしのせいじゃないのよ。
女は男によって育てられる、その逆もしかりってところじゃないのかな。
そういう意味で、わたしは不幸な生い立ちにあって、男性との関係がうまく築けないなにかがあるんだと思うわ。

まー想像だけど。
そうはいっても、真摯なSちゃんをぶった切る言い訳にはならないわね。
過去のずるい男たちのやり方に学べば、ここは知らんふりして、相手に「さよなら」を言わせるのが、いちばん楽なの。
もっとも、わたしはそこまでずるくはなれないので、ほんとうにSちゃんが要らないと思ったときは、はっきり言うけどね。

捻挫足は、思ったよりも快復が長引くみたい。
傷ついた足の熱っぽさに、わたしもやられているのかもしれないな。
しばらく、様子見をしよう。
そのあいだに診察があれば、H主治医にまた恋愛相談しよう・・・。
H主治医は的確な意見をくれる。
もちろん、病気をよくするための方向を、示唆してくれるだけだけど。

該当の記事は見つかりませんでした。