白いスリッポン - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

白いスリッポン

slipon

捻挫足の固定が、どうもしばらく外れそうにないので、わたしは幅広でやや短めのジーパンを買った。
すると、どうしても「このジーパンには、白のスニーカーなのよ!」となって、結局白のスリッポンを買うことになったのである。

夏ですなー。
白のスリッポン、快適。
わたしはまだおろしていないそれを履いて、家のなかを歩き回った。
じつは3日まえから、妊婦腹をひっこめるべく、家を一日中歩くという強行エクササイズをしているのである。
体重、3日で1.1kg減ったよ!!
こりゃすごいわ。

それはともかく、このスリッポンで、わたしは夏中、外を歩くことに決めた。
しかしそうなると、今度は足首につけるミサンガが欲しくなってきたのである。
でもあれなー。
Tシャツなんかのときはいいけれど、ほかの服でエレガントになったときはどうなんだろー?
とまあ、ちょっといま悩み中である。
いい歳をして、こんな些細なことで悩めるわたしは幸せ者だー。
足を怪我したのも、気分よく酔っ払ってこけたからだし、ほんとに能天気もいいところである。

それにしても、左足、早く靴が履けるようにならないと、スリッポンは白だから、右足だけがすぐに汚れてしまう。
あとで左足を履いたら、両方揃っていなくて変じゃん。
左の捻挫足は、今度火曜日に診察に行く予定だが、腫れが引くまでは固定は外せないと言われたので、まだもうちょっと・・・、無理かもしれない。
毎日、足を点検しているのだ。
いま、ようやく血管がちょっと浮いてきて、骨がやや見えかけているところである。
遅すぎだっての。
もう、捻挫してから1ケ月過ぎているんだよ。
それなのに、まだ固定足の包帯ぐるぐる巻き。
暑くなってきたら、たまらんだろうなあ。

両親は、早くも次の次に行く旅行について、話し合っている。
「ゆみも、早く足を治して」
と言われたが、これいつ治るのか、ほんとうに見当もつかないなー。
いまの調子で、左足をかばいながら家のなかを歩いていたら、右足だけ太くなっちまうんじゃないか。
というか、左足がやせ細ってしまうんじゃないか。
いったん痩せた足は、そう簡単に戻らないだろう。
うーん。問題だ・・・。
カワイイスリッポンも早く両足で履きたいし、左足早く治ってくれーと祈るしかないのである。

該当の記事は見つかりませんでした。