家でウォーキング - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

家でウォーキング

rouka

一日中、家のなかを歩いている。
外を歩かないのは、捻挫足の固定がまだ取れていないからだ――、わたしはいま、運動量を増やして、体重を減らそうとしているのである。

どー見ても、わたしの食事量が多いとは思えない。
それなのに、お腹はぷくぷく膨れていく。
H主治医は、「ビール腹はビールを飲むからなるんじゃありませんよ」と言った。
結局、総摂取量と総消費量のバランスなのだ。
ということは、わたしは消費量が少なすぎるのだ。
考えればこの冬じゅう、わたしは家で一日100歩も歩かない生活を送っていた。
これが、原因だろう。

わたしは、捻挫足が治ったら、本格的に外に出てウォーキングの鬼になりたいと思う。
それで、いずれジョギングできるようになるといいな。
まだ、捻挫足が腫れていて、色も悪いので、とうぶん走るのは無理だと思うけど。
ジョギングか。
今は昔、わたしは陸上選手(短距離)だったので、走ることに抵抗はない。
あの頃は、ジョギングなんて、ただのウォーミングアップだったなあ。
いまは、たぶん50m走ったらへとへとになるんじゃないかな。

ということで、恰好から入るのも恰好悪いが、帽子ないと駄目だよな、サングラスしないと眩しいよな、とか思って、ガサゴソ探したら、適当なのがあったのでつけてみた。
おおっ。自分で言うのも変だが、格好いいじゃん。
これで、ビール腹を抱えて歩くのか。
みんな、「あの人、あのお腹を治すために歩いているのね」って思うんだろうな。
その通りだが、ちょっと恥ずかしい気もするな。

足の固定は、たぶん明日整形外科に行ったときに、外してもらえる。
それから、長いリハが始まるのだ。
なにをするのかはわからん。
でも、まだ腫れがあるから絶対行かないと駄目だよな。
早く、走れるようになるといいな。
早く、お腹が引っ込むといいな。

該当の記事は見つかりませんでした。