納豆男に絡まれる - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

納豆男に絡まれる

natto

納豆男の話なのである。

昨日、デイケアから電話があって、「Tさん(56♂)の件は、本人さんに話をしました」とのことであった。
Tさんは、わたしに粘着してきていた幼稚園児のあたまの男で(本当)、そのせいでわたしはデイケアが嫌になって休んでいるのである。

「Tさんに話をしました。でね、一応本人も○○さん(わたし)に避けられてるのを気がついてたみたい」
「そうですか」
「自分が話をしに行ったらほかの人のところへ行ってしまう、とかね。でも、・・・その理由については・・・、気がついてないみたいです~・・・」
「そうでしょうね(だって幼稚園あたまだもん)」
「でもまっ、話をしたから、もう寄ってくることはないと思いますよ。だからよかったら、またデイケアに来てください」
「ありがとうございます」

でもわたし、もう少し時間的距離をあけたいと思ってるの。
仲介してくれたスタッフには悪いけれど、まだTさんのことだから、なんのためらいもなく「でへへー。来てくれたんやな」とか言いそうだからである。
あー気持ちわる。
嫌いな男に、一度ねばっこくされたら、女は逃げたくなるってもんじゃない?
男もそうだろ。
だからわたしは、まだまだTさんから逃げなきゃならないと思っているのだ。

あと一件の納豆男は、最近始めたウォーキングの道端にいるおじいさん連中である。
彼らはほんとうにたちが悪い。
毎日、朝の5時台には集まって、一ヶ所でうだうだ道行く人を眺めているようなのだ。
眺めているだけならいいが、わたしは先日、声をかけられた。
「おはよう!」
「おはようございます」
「おっ、返事しよったわ」

おい、なんだ、その後の言葉は。
まさか、道行く人全員に同じこと言ってるわけじゃないだろ。
男にも声かけてんのかよ。違うだろ。

そう思って、わたしは今日は時間を少し早めにした。
すると、年寄りは暇らしく、もうそこにおじいさん連中がたむろしていたのである。
「おはよう!」
「おはようございます」
「元気か?!」
「・・・・・・(行き過ぎた)」
「きれーな足した女やのー」

これってなんというの? セクハラっていうのか??
こんなことを言ってくるじじいが集まっている場所を、毎日通れるわけないじゃない。
ある意味、コンビニでたむろしているヤンキーと変わらんよ。
あーあ。せっかく景色がきれいな場所なのに。
わたしは明日から、コースを変えなければなるまい。・・・

わたしはとても残念に思った。
ああ、しつこい納豆男、大嫌い。
女と見れば、ねちねち寄ってきて、執着するのね。
全部、くだらない男よ。掃いてゴミ箱に捨てたいわ。

該当の記事は見つかりませんでした。