ジョギングに精を出す。 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

ジョギングに精を出す。

rinning

ジョギングシューズを買った。
アシックスじゃなくて、今回はニューバランスである。
どーでもいいが、めっちゃド派手な色なのである。

これでテンションを上げて走るのだー。
しかし、わたしは自分の歳をすっかり忘れていた。
35歳までフィットネスのインストラクターで身体を鍛えていたとはいえ、その後なんにもせず、いま51歳である。
なんか、うまく走れないぞー。
息が上がるんじゃなくて、脚力が追いつかないのである。
これは、スクワットを大いにしなければ。
んでやってんの。階段昇降。2日に1回ね。
筋トレは間を置いてやらないと、オーバーワークになるからね。
これで、大腿四頭筋が鍛えられれば、ちょっとはましな走りになると思う。

ところで、このことをフェイスブックで報告したら、コメントが2つに分かれた。
1つは「歳なんだから、無理したら駄目だよ」で、もう一つは「まだまだいける!」である。
逆なんだよなあ。
でも、「歳なんだから」の人は、もともと陸上の110mHで近畿圏では有名だった人で、引退してから子どもの運動会に出て、選手時代のイメージで走ってしまい、肉離れを起こしてしまったのである。
それ以後、「選手時代の自分とは違うんだから、そのイメージは捨てるべき」という考えを持っていて、わたしのその意見には賛同できる。
「まだまだいける!」の人の、現役時代からの消息は知らないが、いまはレースに出たりして、ガンガン走っている。
たぶん、何年も前から走り続けているんだろうな。
問題は、何歳のときからか、だ。
わたしも40代前半なら、なんとかなったんじゃないかと思う。
でも、51歳からジョギングの再スタートするのは、そう簡単じゃないと思う。

でもまー、のろのろでもいいから、2・3kmは続けて走れるようになりたいな。
毎日頑張れば、いけるだろう。
あー勇気が湧いてきた!
ジョギングに精を出す精神障害者。
こんな健康的な精神障害者がほかにいるでしょうか!!

で、考えたんだけれど、どうも躁が出ている気がしないでもない。
買ったジョギングシューズの色は、蛍光色を帯びた赤ピンク。
まえ、躁だったときに髪の毛を真っ赤に染めようとしたんだよね。
ちょっとそのへん、危ういな。
H主治医に言った方がいいな。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。