80年代バブルの日々 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

80年代バブルの日々

shima

やったー! ついに47kg台だ!!
とはいえ、まだ48kgみたいなもんだけれど。

サテ、わたしはダイエットのために、毎日てくてくウォーキングをしているわけだが、道路の向こうに逃げ水を見てから、山下達郎の「Loveland, Island」があたまで鳴り続けて仕方ないのである。
しまいに、歌まで出てしまった。
あれ、考えたら素敵な歌詞だよね。
よくできていると思う。

「Loveland, Island」が発売された頃は、確かわたしは高校生か大学生だったと思うが、あの頃、トロピカルが流行ったんだよなー。
ヤシの木の横にフラミンゴとかさ。
喫茶店に置いてあったりするんだよねー。
高中正義@ギタリストなんかも、トロピカルを意識した曲をつくっていた気がするなー。
あーなつかし。

80年代は、良くも悪くも強烈な印象をわたしに残していった。
ディスコ!!
ボディコン!!
ワンレン・ソバージュ!!
競馬!!
株!!
全部やりましたがなー。
あの頃は、みんながみんなド派手で金持ちだったので、わたしのやっていることなんか、全然普通だった。
夜な夜な高いバーで飲んで、ディスコに行って、給料20万円全部飲んでしまったりとか。
つけているネックレスを、いいわねって言われただけで、その場であげちゃったりとか。
お金なんて、どっかから湧いてくるわよって感じだったなあ。
若かったし、おバカさんであった。
いまのわたしが見たら、「あんたって、ほんとにバカね」と一言言い捨てるわ。
ほんとにバーカ!!
若いことがいいばかりでもないわね。
わたしは、いまの自分の方が充実しているって言えるわ。

トロピカルのほかになんかあったっけかと思うのだが、どうも思い浮かばない。
ハウスマヌカンという職業の人もいましたな。
お高くとまっている服屋のねーちゃんよ。
あれ、なんであんなに偉そうだったの?
服がやたら高かったなあ。
いまみたいに、ユニクロみたいなのがまったくなかったもんね。

まー、80年代が狂乱の時期であったのは間違いないだろう。
あんな時代、もう二度と来ないだろうな。
流行に関しては、ワンレン・ボディコンの再燃はあるかもね。
単純にセクシーだもん。
期待していいと思うよ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。