いまだに整形外科 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

いまだに整形外科

ashi

昨日は、整形外科へ行ってきた。
・・・っておい! 左足を捻挫したの、5月2日なんですけど!!
いま、7月6日だよ。
いつまでかかってんだよーー!!

それでも、整形外科医は言うのであった。
「ほら、まだ右足と比べて、左足が全然伸びてないでしょ。これで80%くらいやね。ほっといてもこれは治らんからね」
とまあ、左足の甲を伸ばされてみると、確かに右足と比べて、抵抗感があるのだ。
はっきり言って、正座ができない。
お風呂で正座して練習するように、って指示されていたんだけれど、うちの家は3日に1回しか風呂を湧かさないから、練習はできていないも同然なんだよね。
だから悪いのかなー。
しかし、こんなのいつまでも治療していられないよ。
整形外科医は「今月末くらいまでは」と言っていたが、もう面倒で面倒で。
ふつうに歩けているし、なんら生活に問題はないんだよね。
もうそろそろ、解放してほしいんだよね。

だけどこれ、将来的にジョギングするようになったとき、障害になるのかな。
だったら困る。
いまでも、痛い膝を抱えて、ジョギングしている人を横目で見ながら、いいなーと羨ましく思っているのである。
さらに、伸びない足を抱えて、いいなーなんて思いたくない。
膝も捻挫も、左足なんだよね。
左足、呪われているのよ。なんにもしていないのに、不本意なのよ。
まー強いて言えば、両方とも躁で上がっちゃったときに、気が大きくなって走ったり酒に酔ったりして、怪我しちゃったわけだけどさ。
整形外科の先生は、わたしが躁うつ病であることを知っているので、あちこち怪我してきたら、「躁なんだな」とわかってくれるかもしれない。

とまあその前に、怪我した瞬間にペディキュアの赤いのを塗ってきて、その次はサムライブルーと黄色の組み合わせでアホな爪先になったりしていたから、「ああ躁なんだな」とわかってくれているだろうか。
そうそう、躁とは関係ないけれど、先日「右足と比べても、ほら」と先生に右足を出さされたとき、右足がものすごく荒れていたのであれっと思ったの。
んで、家に帰って母に見せたら、「わーキタナイ! それ垢じゃないの」と言われて、ごしごしこすったら、ほんとうに垢だったわ。
いまだにお風呂で身体こすれない病なのよ・・・。
ペディキュアは綺麗に塗っているのに、足首が垢っていったいなにがしたいのよ。
よくわかんないわ。
ただの面倒くさがり屋で、好きなことしかしない人ってところかしらねー。

該当の記事は見つかりませんでした。