一日950キロカロリー - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

一日950キロカロリー

kyuuri

体重は、凪のようにピタリと48.0kgで止まっている。
摂取カロリー950㎉/日、ウォーキング1時間を続けているにも関わらずだ。

「不思議なことがあるもんやな~、こんなに食べてないのに」と母が言う。
「人体の不思議やな。身体が飢餓状態にあると思って、必死で貯めこもうとしてるんやな」
「ほんまに人間の身体って、すごいもんやなー。これで、自衛隊で見つかったヤマトくんも助かったんやな」
「そうかもなー」

いつもならダイエットなんかしようものなら、「好きなもん食べなあかん!」と反対する母だが、今回だけは見守ってくれている。
薄着になって、わたしがあまりにでかい腹をしているのを、目の当たりにしたからだ。
あれを見たら「ダイエットするな」とは言えんよ。
健康に悪いレベルだもん。

ダイエットにおける停滞期が終わるのは、体重の減少停滞が始まってから、だいたい2週間~1ケ月後。
だとすれば、あと5日後に体重が減ってきてくれるかもしれない。
早く来い! 5日後の水曜日!!
まあ・・・さらに2週間待たされるかもしれないんですけど。
絶対減らない時期から抜け出せば、毎日が楽しくなるってもんだ。

いまわたしのあたまにあるのは、「停滞期が終わったら、何kg減ってくれるかな」ということである。
3kgくらい減ってくれないかなー。
そしたらダイエットをやめて、もっと食べるようにして、ビールも1日1本、健康的な食生活を送るようにするんだ。
早く、人並みにごはんが食べられるようになりたいよー。
そういう意味で、ごはんを家族と一緒に食べるのは、辛いものがある。
父母とも好きなものを好きなだけ食べている。
それなのに、とくに母は、とても痩せている。
「わたし、食べるの我慢したことなんかないわー」と何回も言っていたので、これは腹が立って「それ言うと、大抵の人は腹立てるから」とたしなめて、やめさせた。
母は、ほかにも父やわたしにやたら食べ物を勧める癖があって(飲食店でもそうだ)、ダイエットしてるって言ってんのに「わらび餅食べる?」「アイスクリーム食べる?」と聞いてくる。
わたしはもともと、甘いものが嫌いだって知ってるくせに、なんでいちいち聞いてくるかなあ。
これも腹が立ったので、「ダイエットしてる人間に、食べ物勧めるって、やっちゃーならんでしょ」と言い含めた。
これは治るかどうか・・・。もう昔からの癖だからなあ。
食べ物を勧める癖は、父も腹を立てていて、「欲しいものは自分で取って食べる!」と宣言したのに、まだやっているから、もう治らんかもしれん。
そんなわけで、家族との食事は、ダイエッターにとってめんどくさいものであるよ。
一人で静かに味わいたいわ。

とまあ、愚痴のようなものになってしまったが、ダイエットの功罪として、「イライラして人にあたる」というのがあると思うので、なるべく穏便に暮らしていこうと思う。
そしてこのダイエット、いつかきっと成功させてみせるわ。
人からみればなんだそんなこと、だろうけれど、この妊婦腹を抱えて、人に席を譲られるようなことには、二度とならないようにするわ!

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。