高い会費と経済状態 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

高い会費と経済状態

shugou

高校陸上部の後輩から、なんかリッパな封筒が届いた。
中から、「△△先生の完走祝賀パーティ」の案内が出てきた。

え? またやるの?
3年前に退職祝いをしたんだけれど。

なんでも、ほんとうに退職されたのは、今年の3月らしい。
ううむ・・・、お世話になった先生だけど・・・、まえに書いた天敵・O姉妹とOの3人、それから元彼KJという4人の爆弾がいる限り、わたしはこの会に参加はできないだろう。

と思って、フト場所と会費を見ると、
えーー! リーガロイヤルホテル?
会費1万円?!

こういう会って、たかだか3時間程度だよね。
おい、みんな金持ちだなっ!
このぶんだと、今後こういう会があるたびに、天敵がいようがいまいが、わたしは出席できないぞ。

折しも昨夜、母と二人で今後の生活について、話し合ったところなのである。
まず決定しているのは、ここ2・3年のうちにガンの父が亡くなることだ。
そうすると、母の年金は10万円ほどになり、母によるとわたしからは4万円ほど出してもらわなければならないとのことである。
4万円・・・いーよぉ?
贅沢しなければなんとかなる金額だ。

しかしもう一つ、3年後、わたしは障害厚生年金の審査を受けなければならない。
すると、場合によっては2級から3級に落ちて、手取り5万円足らずになることがあり得るのだ。
となると、お金が足りなくなる。
たぶん、わたしは自分のマンションを手放さなければならない。
そして、そのお金といまある貯金を食いつぶしながら、細々と生きていくことになる。

70歳からあとのことなんて、もうわからんよ。
まったく展望がない。
母が要介護になったら?
もう、どうしていいかわからん!!

そんな綱渡りの経済状態なので、3時間のパーティにぽんと1万円を出せる人が羨ましいね。
まーそれなりに頑張って働いたから、そういうことができるんだけどさ。
でもさー。
これもまえに書いたけれど、わたしも37歳で病気で倒れなければ、今頃理学療法士として働いていたはずなんだよ。
ぽんと1万円、出せたと思うなあ。
まーそのことについては、愚痴を言ってもなんにも始まらないって、学習済みだけどさ。

ということで、貧乏ライフを楽しむしかないなーと考えているわけである。
よく考えたら、マンションにあるものって、本以外要らないな。
手放してもそんなに困らないか。
本に囲まれてウハウハ生活を夢見て、お金のかかる俗世とはいつか別れを告げよう。

該当の記事は見つかりませんでした。