いつも3人一緒 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

いつも3人一緒

chabudai
最近、ずっと家族3人で行動している。
父と母とわたしだ。

正直、こんなんでいいのかなーと思う。
わたしは一人前の大人で、昔からの夢は、独り立ちして自由奔放に生きることだった。
それがいまじゃ、自分のマンションさえ、両親に掌握されている状態。
お気に入りの椅子だって、父が勝手に座ってるしなー・・・。
さすがに、引き出しを勝手に開けるのはやめてくれって言ってあるけれど、タンスの中は開けられてしまった。
そんで、「要らない服は捨てなさい」である。
わたしはしぶしぶ、もう着れなくなったフリルやリボンつきの服を、まとめて捨てた。
なんだかなー。
わたしの生活の主導権って、どこにあるの。

買い物に行くときも、3人一緒である。
うちの実家は、交通不便で、買い物に行くには車がなければ難しいからである。
最近のわたしは、ダイエットをしているので、食べるものは自分で選びたい。
だからついていくのだが、気がつけば、また3人一緒なのである。

こうやって、わたしは死ぬまで親に管理されていくのかなー・・・。
父はガンで死ぬ予定だけれど、母はまだまだ長生きしそうである。
母のあたまはクリアだし、この人、気が強いのなんのって。
いまでも、父にキンキン声で命令して、父から嫌がられているよ。
今度の対象は、わたしになるのかなあ。
そしてわたしはいまみたいに、どこへ出かけるときも、「××に行ってくる」とわざわざ伝えて行かなきゃならないのかなあ。

でも、最近離婚した友だちによると、「いつも親子一緒で、親孝行だねえ」とのことだった。
「そんなものなの?」と尋ねると、「すぐ会えるところにいるっていうことは、幸せだよ」と言った。
そんなものかね。
あーそっか。
彼は離婚したばかりで、子どもと離れ離れになってしまったんだった。
会いたいんだろうな。

何歳になっても、親にとって、子は子どもだと聞く。
うちの親も、ほんとうは自活してほしいんだけれど、側で管理できて嬉しいってところがあるのかなあ。
まえはしょっちゅう、具合が悪いだのなんだのって、電話で呼び出していたからな・・・。
あー、こんなわたしって、親孝行なんだか親不孝なんだかわからない。
なにしろこの病気って、躁が爆発すると、大声あげて家じゅう破壊しようとしたり、殴りかかったりするからね。
そのときは、さすがに親は「出ていけ!」って思ってると思うんだよね。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。