妊婦腹とさよなら - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

妊婦腹とさよなら

ninpu

フェイスブックで、友だちから「最近、投稿がないね。どうしたの」とメッセージが来たので、「いまダイエットしてるの。ビール腹が治ったところをUPするわ」と宣言したのである。
そんで今朝、ジーンズを穿いて、ジーンズとお腹の差がわかるように写真を撮って、投稿した。
ドキドキ。
わたしの友だちは、ほとんどが男性なので、「あっそ」で終わるかな。
でも、ダイエットの成果を人に見せられるようになって、嬉しいのである。

ダイエット前のわたしは、ほんとうに妊婦のようにお腹がせり出して、どうかしたの? っていう体型だった。
なにしろ、手足には全然脂肪がつかないのだ。
もう、誰が見ても妊婦。
席を譲られたこともある。
そんなわたしは、買い物などに行った先で、みんなのお腹を見てため息をつき、「はー。なんでみんなは、こんなふうにお腹だけ出たりしないの? あの人なんか太ってるのに、自然だ。全身のバランスが取れてる。あの人もあの人も、みんなふつうに服着てるよね。わたしは妊婦腹を隠すために、胸にタックの入った服しか着られない。はー。みんな、どうして? わたしよりたぶん、たくさん食べてるよね? なんでそんなに普通なの??」と、心底うらやましく思っていた。

一度は歳かなとあきらめかけた。
精神科のH主治医にも相談した。(また病気と関係ない話してる。)
「ビールを飲み過ぎるから、ビール腹になるんでしょうか」
「違うで! あれは摂取量と消費量の差やで!」
そうかあ・・・ビールは関係ないのか。
単純に、摂取量を減らして、消費量を増やせば、このお腹は治るのか?

そんなことを考えていたからではないが、ダイエットはある日知らない間に始まっていた。
最初の4kgが、勝手にスルスルと落ちたからかもしれない。
次からの2kgは難航した。
でも、見かけは着実に、妊婦からふつーの中年腹くらいまで変わっていた。

いまは、あと1kgも落とせば完璧でしょうというところまできている。
とりあえず、「普通の人」になれてよかった。
Tシャツを着ても、ぽっこりお腹が出たりしない。
う・・・嬉しい・・・・・・。
よく頑張った、わたし・・・・・・。

しかし、継続が大事なのである。
おそらく、わたしが妊婦腹になったのは、運動不足のせいなのだ。
いままで実家の2階に住んでいて、母によると、ほんとうにトイレにしか降りてこなかったらしい。
たぶん、一日100歩も歩いていなかったはずだ。
わたしはこれからも、病状が許す限り、ウォーキング&ジョギングを続けようと思う。
もう、ほんとうに妊婦腹は勘弁して。
せっかく治ったんだから、維持するのも頑張る。

該当の記事は見つかりませんでした。