もう叫ばないで - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

もう叫ばないで

makunouchi

今日の体重は、また減って44.6kg。
まずい。ほんとの拒食症になるまえに、なんとか頑張って食べなきゃ。
でも・・・、母親のプレッシャーが・・・。

昨日の昼は、幕の内弁当を食べた。
最初はお腹が空いていて、ばくばく食べていたのだが、そのうちストップして、半分くらいを残して終わりにした。
まあ、自分としては頑張った方だった。
だが、お腹いっぱいになり、ちょっと気持ち悪かった。

わたしはいったん横になったが、トイレに降りたとき、フト母親に「食べ過ぎて、気持ち悪いわー」と言ってしまった。
すると彼女は、キンキン声で、「あれだけの量でお腹いっぱいなんておかしいわ! ごはんも残してたやないの!」と責めたてた。
あっ・・・、まただ。
この一方的な責め口調が辛いんだ。
この人は、「大丈夫?」「頑張ったね」などという言葉は決して吐かない。
常に、相手を攻撃するような口ぶりなのだ。

わたしはそのまま2階へ上がったが、どうも気分が落ち込んで仕方ないので、また1階へ降りていって、冷蔵庫を開けながら、「あの、お願いやから、おかしい、とか言うのやめてくれる? わたしそういうの気にするねん。拒食症の怖さを知ってるから」と言った。
すると彼女は、「わかった」と言ったが、そのあとずっと黙っていた。
わたしはおかしいと言われて、本気で気になって、幕の内弁当の残りを必死で食べていたのだが、彼女はわたしの存在を無視していた。
気まずくなったわたしは、そこで「ふー。やっぱりお腹いっぱい!」とシューマイとひじきの煮物を食べた時点で言ったのだが、その言葉にも彼女は完全無視・・・・・・。

(なんだ、無視かよ)とわたしはこころのなかで思った。
この人って、ほんとうにやりにくい。
これって、無言のプレッシャーだよな・・・。

そこで、皿洗いをしていた彼女に、もう一度、「プレッシャーかけられると、しんどいねん」と言ってみた。
そして、彼女の次の言葉に驚いた。
「なんでも、人のせいにしてればいいでしょ」

えっ・・・?!
食べられないのを、わたしが母親のせいにしたってこと??
わたしは真剣に、「人のせいにしようなんて、まるっきり思ってないよ!」と3回言った。
すると彼女は、「あんたも大人やねんから、一人で考えなさい」と当たり前のことを言った。

なんだ、この人??
「××をやめてくれる?」と言ったら、「なんでも、人のせいにすればいいのよ」になるなんて、思考回路がまったく読めない。
なんて、訳のわからない人だ・・・。
ガンの父が死んだら、この人と2人でやっていかなければならないのだ。
もしかして、茨の道かも・・・。
ああ、将来のことまで考えたら、ますますわたしは食べられなくなる。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。