和食弁当の日 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

和食弁当の日

washoku

今日・明日は、元彼Sちゃんと遊びの日である。
いや、元さやに収まったのではないよ。
わたしが彼に用事を頼んだのがきっかけで、こうなっているだけである。

しかしわたしは楽しみにしているものがある。
それは食事だ!
わたしはいま、来る日も来る日も、同じものを食べている。
朝はハーブチキン、昼は幕の内弁当、夜は生春巻きである。
ダイエットしているうちに、なぜか同じものしか食べられなくなったのだ。

でも、Sちゃんが外に連れ出してくれたら、たぶん少しは違うものが食べられると思う。
そこで今回は、昼食は和食をリクエストした。
Sちゃんは、あらかじめ店を検索したりするのが大好きだ。
「どんなのがいいの」と訊かれて、わたしは「なんとか弁当みたいなのがあるところ」と答えた。
わたしの食生活は、いま昼食だけで成り立っているので、昼食はバランスのいい、そしてけっこう量のあるものを食べないと、もたないのだ。
それには和食で、天ぷらなんかが入った弁当形式のものがいちばんいい。
いつもの幕の内弁当とどう違うんだと訊かれたら返事に困るが、まあたぶん、スーパーで売っているものよりは美味しいでしょう・・・。

夜は、今回はわたしはビールは3本まで、あとは刺身数切れと決めている。
それ以上食べたら、体重が増える。
いま、わたしは体重が減り過ぎるのも困るが、増えていくのも困ると考えている。
やっと手に入れた、ぺったんこお腹を、絶対に手放したくないのだ。
元来、我慢強い性格なのと、もともと食が細いというのがあるので、そんなに苦痛には感じていない。
しかし、このような偏った食生活をずっと続けていくのかというと、それはいかんだろうとも思う。

どっかで折り合いをつけて、家族と一緒のものを食べられるようにならないといけないな。
それにはたぶん、ビールの量を減らすのと、ジョギングの距離を増やすことが必要じゃないかと思う。
どっちも、いまのわたしにはキツイ話である。
Sちゃんとも、いつもと違った料理を食べるのは初日だけで、2日目は朝はハーブチキン、昼は幕の内弁当と、いつもの食事をさせてもらうことになっている。
少しくらい多めに食べても大丈夫とわかっていても、いまのわたしは、翌日乗る体重計がどんと増えるのは、絶対許せないのである。

思えば、2か月で8kg減のダイエットは、考えている以上にきつかったんだろう。
おそらく、二度とあんな思いはしたくない、という気持ちがわたしにあって、それがいまの偏った食生活に繋がっているのではないかと思う。
ダイエットの途中から、そんなに食べなくても大丈夫になったのは不思議だけれどね?
ともかくいまは、昼食だけはガッツリ食べれているので、そこが救いだと思う。

サテ、Sちゃんとナントカ弁当を食べて、ビールを思い切りガーッとやって。
気持ちいいだろうなあ。
食べるのって、ほんとうに至福のときだよね。
食べなくなってからの方が、そのことを強く感じる。

該当の記事は見つかりませんでした。