貯金しないタイプの人 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

貯金しないタイプの人

shihei2

うちの一家は、わたしを含め、貯蓄魔である。
もちろん低所得で、いざというときお金がないと困るから、そうなるのだが、そうでもない人がいた・・・。
うちの叔父である。

叔父は、タクシー運転手をしているので、低所得としてもある程度、お金はあると思われる。
ふつうで考えると、老後のことを考えて、貯金も少しはしているだろう。
しかし先日、車がオシャカになったとき、代わりの車が買えなかったというのだ。
父が言う。
「軽なら、50万もあれば買えるのにのう。(大分弁)お母さんも、あたま傷めとるんじゃ」
「えっ、50万円が出なかったってこと? 貯金はないの?」
「ない。これから病気になることもあるやろうにのう」
「なにに使ってんの??」
「さあ、わからん。酒をよう飲んどるからのう・・・」

しかし、酒だけで給料の全部を飲むのは、職業柄無理だろう。
わたしはフト思った。
ソープやな!
叔父さんは、生涯独身で、ギャンブルはしない。
金が湯水のようになくなっていくとしたら、ギャンブルか風俗っていう感じがしてならないのだけれど、どうなんだろうか。

「でも、仕事やめて年金もらえるまで、時間があるやろ?」
「いや、もうもらってるらしい」
「早期にもらったら、少なくなるやろ?」
「少ないと思うで」

少ないよなー・・・。
いったいこの先、どうやって生きていくつもりなんだろう。
「どうにかなる」「誰かが助けてくれる」と思っているとしたら、あまりに楽天的すぎるだろう。
たぶん、こういうタイプの人に、お金を貸してはいけない。
ギャンブル依存症の人と同じで、助けてあげればあげるほど、人を頼るようになって、借金が膨れ上がり、身動きできなくなるという、黄金のパターンだ。
ギャンブル依存症の人に対しては、徹底的に冷たく、一銭もお金を貸さないことが、依存症快復への手助けとなる。

うちの母親は、叔父にお金を貸したりしないと断言できる。
しかし、もし父親の言うように、病気にでもなってしまったら?
放っておくわけにはいかないだろう・・・。
すると、我が家のちまちま貯めたお金が、湯水のようにお金を使った人のために、使われちゃうんですか?
そんな理不尽なことをわたしが黙っているはずがないから、わたしは「わたしらはどうなんの!」と主張して、母親は「仕方ないでしょ!」と理性を表に出して、低所得者なりの財産争いが起こるかもしれない。

じつはこの話は、わりと現実的で、もう一人の叔父が・・・これまた、貯金のない人みたいなのだ。
しかもその人、リウマチがだいぶ進行している。
たぶん、将来的に、入院生活になるんじゃないかな。
入院費、ちゃんと出るのかよー。
うちのちまちま貯めたお金・・・、無計画な人々によって、食い荒らされなければいいんだけど、と強く願っている。

該当の記事は見つかりませんでした。