拒食症?体験 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

拒食症?体験

sick

具合が本格的に悪くなって4日目の昨日。
一昨日より、体調はましだった。
あの、「もう駄目、このままだったら死ぬー」という感じがなくなったから、それだけでもありがたい。
きっと、ボロ雑巾だのゴミ(ふつうの食事)だの、必死で食べたからに違いない。
やっぱりわたしの身体は、栄養不足だったのだ。

それにしても、まだ身体のピクピクは、まだ治らない。
ガクガクはなくなった。
一人で座っていると、息が苦しくて、背もたれに背を当てないようにしたり、寝たりしている。
「なんでこんな、自分で自分に罰を与えるようなこと、したんだ?」と、わたしは自分のアホさに大反省している。

座っていると、太ももが見える。
うわっ、気持ち悪い!! 拒食症レベルである。
もう見ないようにしている。
肩を触っても、骨しかない・・・。
なんでこんなことになったんだか。

拒食症の入り口って、わたしは初めて知った。
こりゃね、若い甘えたな女の子が罹りやすいわけですよ。
いきなり重病人になって、息も絶え絶え、食べるものも食べられなくなって、必死で努力しているところを、ママンが「これなら食べられる?」「大丈夫?」と優しく声かけてくれんだもん。
日頃、母親に突き放されている子なんかが、それで母の愛を確認するのには、いい機会だと思う。
仮説だけど、そんな気がしたわ。

さて、これからが問題なのである。
必死で一人前のゴミを食べているから、身体はいつかもとに快復すると思う。
でも、拒食症の裏には過食症がある。
・・・過食症にならなきゃいいがな。
いまの心配は、それである。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。