超満腹を体験する。 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

超満腹を体験する。

tabemono

昨日はその前日より、また体調がよくなっていた。
いま気になっているのは、身体がときどきピクピクするのと、足先がしびれるのと、息が苦くて咳が出ることと、「空腹感があまりない」ことである。

満腹感は、ぜーぜー言いながら必死で食べてんのに、「お腹がはちきれる!」という感覚がないのがおかしいなと思っていたのだが、昨日、ようやくそんな感じになった。
わーい、これが「お腹パンパン、もう入らない」だ!
実際に食べた量は、一人前、鯛の塩焼きとポテトサラダ、ごはん、イチジク1個、牛乳、野菜ジュースだった。
けっこう食べてる?
でも、「おいしー!」という感覚はなくて、「これが美味しいか?」と首を捻りながらの食事である。

お腹がはちきれるまで食べてから、台所をウロウロしていたら、母親と会話になった。
「まだ、完全に食欲が戻ってきてないねん・・・」
「いや、よう食べてるよ! 前なんか全然食べへんかったもん。でもそんな無理して、食べてみせんでも。またどっかおかしくなるかもしれんし」

母は、やはりわたしが食事で苦戦していることをわかっていたのだ。
ふうう、よかった。
あんなに無理に食べなくても、大丈夫ってことなのか。
それを聞くと、わたしはとても安心した。
だいぶ身体も戻ってきたみたいだし、これからは無理に詰め込まず、食べられるところまで食べて、客観的にみてどのくらい食べたのか把握するようにしよう。

体重は、さっき(深夜)計ったら、昨日より0.4kg増えていた。
おし! この調子だ!!
これだけ増えてくれば、身体を支えるのがしんどいとか、なくなってくるだろう。
とにかく、早くもとの身体に戻ってほしいんだよね。
お腹ぽっこりレベルは困るけどさー。
だいたい45kgくらいがちょうどいい、って昔友だちから言われたことがあるから、あと2kgだな。
ううむ・・・、まあのんびりいこう。

夜、お腹いっぱい・幸せを体験しながら、「もうほんとに当面、アルコールは飲まない」と思った。
大好きで愛しているアルコールだが、こいつのせいで、あんな死にそうな苦しい思いを、何日間も味わわされたのかと思うと、もう二度と要らん、みたいな気になっている。
飲み会があったら、「身体壊したから、飲んでないねん」と言えばいいじゃん。
その方が、逆にクールかもよ。
歳が歳だし、みんなも理解してくれるだろう。

一日一日、徐々に快復していくのがわかるのが、嬉しい。
それと同時に、「わたし、いままでどんだけ不摂生してたの?」という発見が生まれる。
身体は大事にしなくちゃ。
健康がなくては、なにもできないんだから。
サローヤンの小説で、「俺たちの身体は魂の住家なんだから、快適にしてやらないとな」みたいなセリフがあったが、ほんとにそう。
肝に銘じて、これからは生活を改めなければ。

該当の記事は見つかりませんでした。