食欲完全復活? - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

食欲完全復活?

aji

昨日の夕食は、アジのムニエルだった。
「なんか食べられそう」と感じて、箸を伸ばして、もぐもぐしてみる。
すると、なんだかスムースに、いつもの自分のやり方で、一食分をきちんと終えることができた。
おおー!
食欲の完全復活か!!

母「美味しい?」と尋ねてきたとき、わたしは素直に「うん!」と答えることができた。
いままで、ダイエットで食欲を見失ってから、ずっと頑張って食べてきたが、それは「美味しい」という感覚ではなく、「胃に入れなければ」という感じだった。
だから、食べ終わってからも、「これだけでいいのかな」と不安になったりしていたのである。
食事中も、なにか機械的に箸を動かしている感じ。
食べ物を飲みこむときの快感や幸せも、感じることができなかったのだ。

やっと、ふつうに戻れたかも・・・、とわたしは思った。
あーありがたい。
もうこれで、あとは規則正しい食生活を送っていけば大丈夫かな。
一日3食、きっちり食べて、適度な運動。
なんだかいまさらだけど、すごく当たり前のことを言ってるな。

夜、元彼Sちゃんに報告したら、彼は驚きもしなかった。
それはいいけど、なんでか、わたしがアルコールに依存してしまった経緯を、まったくの憶測で話された。
「ゆみの場合は、リハの学校で眠れなくなってから、眠るために飲み始めたんだろ?」
「違うよ、・・・」
「まあまあ! 黙って聞いて。眠れないから飲み始めて、それから・・・」

わたしは憮然として聞いていた。
事実は、「商社で働いていたとき、リストラの話が出てから眠れなくなり、その後リハの学校でうつ病を悪化させ、完全にダウンしてから、しんどくて朝から酒を飲み始めた」である。
会社やリハの学校に通いながら、そんなに酒を飲んだりするわけないじゃない。
眠れないぐらいで、酒に頼るほど、弱くもなかったし。
Sちゃんって、いままでの酒飲みでだらしないわたしが、本来のわたしだと思ってんだな。
当たり前だけど、わたしはSちゃんの信者じゃないし、この人の言うことはだいたい正しいとは思っているけれど、100%言うことを聞くつもりはない。

わたしがアルコールに頼らなければならなかった経緯は、いま自分が振り返って、仕方なかったという気もする。
病気の初期は、ほんとうに苦しくてたまらくて、もう死にたいとばかり考えていた。
あのときの自分を、責める気にはならない。
その後、アルコールがなければ生きていけない感が出来上がったのも、不幸なことだったと思う。
でも、いまは軽い身体を手に入れたんだし、ほんとうにもうアルコールは要らない。

ま、それでいっか、と思う。
Sちゃんはなにか勘違いしているみたいだけれど、洞察力に優れた人だから、いまのわたしを見たら、すぐなんかわかるだろう。
あとは一日一日、しっかり刻んでいくだけだな。
生活って、そんなもんだっけ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。