工夫して生きる - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

工夫して生きる

denkyu

昨日、元彼Sちゃんに報告した。
「布団のたたみ方を変えたら、猫が喜ぶようになったよ」
「ふむ」
「布団を90°回して、マットと敷布団はそのままにしてん」
すると、Sちゃんは意外なことを言った。

「それは、いいことだねー。センスあるよ」
「センス??」
「会社でもね、センスある奴とない奴がいるの。センスのある奴は、自分で考えて工夫するのよ。ない奴はただ言われたとおりのことをするだけ。会社っていうのは、センスのある奴がいないと、成り立たないっていうくらいに思ってるわけー」
「へー」
「ゆみの布団だって、自分で考えてうまくいくようにしたわけでしょ。そういう工夫が大事なのよ。もし、そのままにして、猫が慣れてくればいーやで終わったら、そこまででしょ。でも、工夫をしたら、自分も喜ぶし、他人も喜ぶの。自分の人生も楽になるのー」
「へえぇぇえ~~~~」

わたしは、Sちゃんの口から出る、いつものこの世の掟に目を見開いた。
この人は、不思議なくらい真理ってもんを知っているんだよな。
でもなんで、「工夫」したら人生が楽になるんだろう?
わからん。
たとえば、いまわたしが乗っている自転車は、ペダルが重いのだが、マンションにある油を持ってきてさせば、買い物に行くとき楽になると思う。
そういうのが人生が楽になるってこと??
しかしそれって、「工夫」といえるほどのものかな??
難しい・・・。

わたしはどーもSちゃんの言うことがわからないので、とりあえず自分の周りを見渡して、どこか改変するところはないか考えた。
ん~~とまあ・・・、一応ふつうに、モノがとっ散らかっているのは、改善した方がいいよな・・・。
扇風機はしまった方が方がいいな・・・、時計は合わせた方がいいな・・・、落ちたカレンダーは元通りにした方がいいな・・・、
う~~ん、でもそれ、「工夫」か??

人生を楽に生きたいので、ぜひSちゃんの進言どおり、なにかを「工夫」したいのである。
でもそもそも、いまのわたしには、なにが「工夫」なのかわからない。
猫の布団のときは、ただ「猫の環境をより快適にしてあげたい」という動機があった。
だが、なんの動機もなく「~をこうしよう」と考えつくのは、なかなか難しい。

それか、もしかしたら、「楽に生きたい」を動機にして生きればいいのかな。
そしたら勝手に、「~をこうしよう」という「工夫」が生まれるのかな。
「工夫して生きる」は、なんとなく掴みかけた、生き方のお手本のような気がするので、これから気をつけて、あれこれ見て考えたいと思う。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。