付き合いで飲む人 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

付き合いで飲む人

drink_geko

昨日は、精神科の診察日だった。
「どうですか?」と訊かれ、わたしは「体調いいです」と答えた。

「いまは、4.5km走ってます」
「ほー・・・。まあね、更年期ですからね、走るのは骨にいいですからね」
「はい」
「それで、酒は? 正直に! 正直に言いなさい!!」
「あのー・・・。飲んでないんですよ。飲みたいと思わなくて・・・。一生飲まないと思ってるんですよ・・・」
「・・・なにが起こったんだか・・・。神さまが来てくれたんやな・・・。まあ、ときどき飲むくらいにしといて(ブツブツ)」

元彼Sちゃんが、わたしが飲んでないと知ると、たぶんH先生はつまらないだろうと思うよ、と言っていたが、やっぱりそうなんだろうか。
Sちゃん曰く、「だって面白い患者がいなくなると、面白くないじゃん」である。
うーん・・・、ふつう医者は、患者の状態がよくなると、ラクになるから嬉しいんじゃないのかな。
でも確かに、いままで「駄目じゃないですか、もっと減らしてください!」と怒ってやっていた患者が、急に「やめました」と品行方正になると、「あ、そうですか」になって、つまんないと言えばつまんないか・・・。

しかしわたしはこのところ、アルコールに関しては少し悩んでいて、日常飲むことはもうないと思うが、付き合いはどうするか考えているのである。
正直言って、飲んでも飲まなくてもかまわない。
みんなでカンパ―イ! という楽しさは味わいたいが、酔うまで飲みたくない。
とすると、ビール1杯か2杯ということになり、それなら飲んでも飲まなくてもなにも変わらないので、最初からウーロン茶でいいのでは? とも思う。

しかしなあ・・・。
飲み会という席で、いきなりウーロン茶から始められると、やりにくいよなー。
それに、わたしはアルコール依存症患者と違って、楽しんで酒を飲める身体なのだ。
大人として、ごくたまにみんなと一緒に酒を飲んで、和やかなひとときを過ごすのもいいんじゃないか。

それでわたしは、Sちゃんがいるときに、ビールを1本飲む練習をしようと思った。
まえに決心したときは、怖さに負けてできなかった。
ほんとにいったいどうしてしまったのか、あんなに飲んでいたビールが、恐ろしい。
でもまー、いったん口にしたら、「あ、そうだ、こんな味だった」って思い出すだろう。
「ふだんは飲まないけど、つきあいなら飲みますよ」の人を目指して頑張ろう。

該当の記事は見つかりませんでした。