恐怖体験 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

恐怖体験



また、訳がわからなくなった。
母親が、「自分は、実家に住んでいたい」と言い出したのだ。

「愛着があるから」と言う。
え・・・、何歳まで・・・、死ぬまで・・・、わたしはそのときまでずっと母といて、マンションに戻るのは70歳くらいのとき・・・?
それまで、維持費を払うの・・・?

なんだか、ゾーッとした。
もうわたしは、経済的に、自分の意思で自由に住むところも決められないのだ。

そればかりか、母親は恐ろしいことを言った。
「介護って、ものすごく大変なんやでー! そらもう、汚いし訳のわからんこと言うし。あんたには勤まらんで」

再び、ゾーッ!
なんで、そんな恐ろしいことをわたしに言うんだよ。
「あんたの未来には、こんな地獄が待ってますよ」と宣言されたのと一緒じゃないか。

もう、未来が恐ろしくて止まらない。
こんなわたしを見て、母は「病気だ」と言う。
彼女の言うことは、わたしより正しいので、たぶんそうなんだろう。
これって、病気? わからない。
わたしの病気は、症状を自分で自覚できないのだ。

わたしは、足がすくんでしまって、動けなくなった。
どうしていいかわからない。
と・・・とにかく、お金を使っちゃ駄目だ。
いや、そんなに神経質になるのはおかしい。

今日、マンションの整理をしていたら、働いていた頃の銀行やなんだかの書類が出てきた。
しっかりした字で、難しい書類をこなしている。
これ、自分がやっていたのか・・・、すごい。
いまのわたしは、こんなことできない。
病気がこんなふうに、わたしを変えたのか。
病気って、なんてひどいんだ。

過去の楽しかった日々が思い出される。
同級生たちは、たぶんあの延長線にいて、立派になっているんだろうな。
わたしは、一生日陰者か・・・まあ、いいけど。
それにしても、自分の人生が、母に左右されるなんて、しんどい。

該当の記事は見つかりませんでした。