障害厚生年金2級 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

障害厚生年金2級

brain2

わたしのいまの、障害厚生年金/2級月額は、生活保護レベルである。
それでも、バブルの好景気の頃、ガンガン稼いでいたから、かなりいい方だ。
多くの精神障害者は、たいてい国民年金なので、ほんのわずかしかない・・・。

そんななか、母がうちの近所にある、介護老人用賃貸マンションをうらやましそうに見るので、「こういうところ、入りたい?」と尋ねたら、即答で「入りたいなあ」と言った。
わたしは65歳になると、厚生年金基金と国民年金も入ってくる。
つまり、65歳までなんとか食いつなげばいいのだ。
わたしは考えた。
もし、このまま障害年金2級が通り続けたら、自分は生活保護レベルの生活をして、あとは母親に渡して、こういう賃貸マンションに住んでもらおう。

それで、障害厚生2級って、いまの自分だけど、どんな感じなのよ? とこれまたネットで調べた。
でもこれって、厚労省が固くデータを出していないらしく、もう嘘ばっか!
「精神障害に永久認定はない」って断定しているアナタ、わたしは二人知ってるわよ。
まー二人とも、それなりに悲惨な過去を持っているけれど。
わたしにしたって、2ちゃんっぽい人が「2級とは、これほどまでに何もできない人ですよ」と皮肉を込めて書いていたが、ナンダそれわたしじゃん・・・。
それよっか、「障害厚生年金2級をもらっていますが、働いたら落とされますか?」という質問をしている人、嘘でしょ?!
2級なのに、働けるの??!!
信じられない・・・、わたしなんか、家事や郵便物の処理ができない、ほとんど病院と家の往復しかしていない、書類読めない、字が書けない、体調管理ができない、関わる人全員に迷惑をかける・・・、もう一人になったら、生きていけないレベルだよ。
どうすんだ、ヤバいだろ! と、いま危機感を覚えて、母のあとをウロウロして、家事を覚えようとしている。
こんなわたしでも、働いていた頃は、ちゃんと仕事して、家事もきっちりやっていたんだけどなあ・・・。
若かったときの方が、しっかりしてたんだから、不思議だなあ。

でも、どんなにわたしが頑張っても、たぶん一人前に家事をこなして、社会生活を送れるようにはなれないと思う。
それは予感というよりは、確定された未来のようなもの。
母がいなくなったら、わたしはヘルパー(無料)をお願いして、家事というよりは、わたしの健康状態を見てもらおう。
わたしは、体調が悪くなっても、そのことに気づかないことが多い。
3ヶ月前のダイエット地獄でも、言われるまで、自分が食べていないことに気づかなかった。
そういうのを、チェックしてもらいたい。
あとは、郵便物とかお役所の手続き・・・。
健康だったときは当たり前だがなんでも読めたが、いまはどうしても文書的なもの、取説なんかが理解できない。
そういうの、見てくれる人がいたらいいなー。

でも、ヘルパーはたぶん、家事しか手伝わないだろうから、わたしのニーズに合わないかもしれないな。
んー。デイケアにケースワーカーがいたな・・・。頼めば教えてくれるのかな。
あと、付き合ってくれるなら、「歩くグーグル」の元彼Sちゃん。
Sちゃんは訊けばなんでも知っているから、いたら心強い。

両親が亡くなってからのわたしの付き合いは、病院・デイケア・市役所・Sちゃん、だな。
大学時代の同級生は・・・、もう会わないかもしれないなあ。
お酒やめたし・・・、母が言っていたけれど、女性の場合、服装に生活水準が出てしまうんだね。
同窓会って、やっぱり勝ち組の集まりだっていうこと、ひしひしと感じるわ。

該当の記事は見つかりませんでした。