考えぐるぐるが止まらない - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

考えぐるぐるが止まらない

kuma_hamigaki

今朝、朝と夕方を間違えた。
「大丈夫か?」とさすがに母に言われる。

一応、母親の将来の介護問題は、「独居だと思えばいいんだから」ということで、決着をみたはずだった。
でも、足元からくるゾクゾク感が止まらない。
だって、スーパーで車椅子のおばあさんを観察していたら、ふつうに財布を取り出したりして、あたまはハッキリしているんだよ。
家に帰ったら、たぶん身体介助している人がいるはずだけど、あんな人に「おむつで用を足して」なんて言えないででしょ。
結局、たとえヘルパーに来てもらったところで、絶対手が足りないところが出てくる・・・。
母は突然、便意を感じてトイレの前でジタバタしていることがあるんだけれど、あんなのどうすればいいの。
間に合わなくてほっといたら、良心の呵責に耐えられないし、人の排泄にいちいち付き合わされていたら、わたしの精神が崩壊する。
つまり、介護をしてもしなくても、倫理・自分の精神、どっちを優先させるかの問題で、どっちにしろ自分にとっては辛いことに違いないのだ。
恐ろしい・・・。

昨日なぜ、H主治医が「お母さんは、あと10年したら要介護3ですよ」と断言したかわかった。
わたしが、「特養に入るには、要介護3以上が必要じゃないですか」と言ったからだ。
だから医師としては、取り乱した患者をなだめるために、「あと10年したら、要介護3になってますから(特養に入れますから)」と、いわばだましたんだと思う。
H主治医はあたまがいいから、彼の言うことがほんとうだとすれば、わたしは母を「妹が面倒を見ればいいのに」と思っているらしい。
そうなのかな。

まー確かに、わたしの絶望を深くしているのは、母親自身が、「サービス付き高齢者マンションに住みたいわあ」って、うらやましそうに言っていることなんだよ。
実際、わたしはこの前、美容院でそれが可能かどうか計算して、駄目だなってわかったとき、申し訳ない気持ちになった。
でも、妹夫婦は、引退したら郊外に移り住んで、馬一頭飼おうかっていう人たちだから、母親の願いを叶えてあげることなんか、容易だと思う。
馬一頭って・・・。
言うなら、なんでそっちに言わないんだよ。

できないことばかり突きつけられた未来に、わたしのあたまの中は、ぐるぐる回って止まらない。
昨日病院を出てから、わたしは「久しぶりにOD(薬の大量摂取)しようかな」とぐるぐる考えた。
でもそのあとで、H主治医が「ODしたら次は原価ですよ」と言ったのを思い出して、うーん・・・と考え直した。
母は、「あっちに住みたい」「こっちに愛着がある」「あそこも綺麗やなあ」と、ブンブンわたしを振り回す。
暴れそう・・・、いや、ここで入院になっては・・・。病院の白い壁は嫌だ・・・。
この精神状態はヤバい・・・。なんとかしなくては。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。