警察の介入の謎 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

警察の介入の謎

keisatsu

また、心配病が出たのである。
昨日、警察からKさんの訃報を聞いたことについて、わたしは「アレ?」と気がついた。

「一市民が自然死しただけで、なんで警察が介入してくんの?」

う~んと考えた。
Kさんは、(よりにもよって)死ぬ間際に、わたしに電話をかけている。
死因は持病による心臓発作と言ったが、ほかの線も調べているんじゃ・・・。

Kさんが死んだ日、わたしは具合が悪くて、病院に行きかけたが途中で断念している。
帰宅後、Kさんからの着信に気づき、「病院に行った。具合が悪い」とメールしているのだが、実際に診察を受けたわけではない。
なんか、どこのクリニックに通っているんだとか訊かれたし、わたしの素性を調べる気じゃないだろうな・・・。
Kさんとは一度も喧嘩したことがないし、金銭のやり取りもない。
調べてくれて全然OKなのだが、このところ、心配事が次々あたまをぐるぐるするという病的状態になっているので、「また電話がかかってきたら、どうしよう~」になっているのである。

そんなわたしを、母が見ていて、「腹立つわ~」と言ってきた。
「え? 腹立つの?」
「そうやで。警察が調べたりするわけないやないの。なんにも悪いことしてないのに」
「そうやんな・・・」

まあ・・・、ふつうに考えると、親族がケータイを見て、死亡日に2回も電話されているこの人誰? ってなって、前科もあることだし警察から電話してもらおう、とか、そういう流れなのかな。
あるいは自殺を疑っていて、わたしと何を話したのか訊きにきたのかな。
または、もしかしてKさんには、持病の心臓病なんかなかったことを親族の人は知っていて、「この人怪しい」ってなったのかな。
その直後に、電話が航空モードになっていて、不通になっていたしね。・・・

わたし的には、KさんはOD(薬の大量服用)による心臓発作が死因で、わたしに電話してきた用件は、「この薬、どんなの?」だと思う。
だいたい、Kさんはその用件で電話をかけてきていたからだ。
だけど、親族の人としては、なんで死ぬ間際に、この人に2回も電話したんだ? っていう疑問が、いまでも残っているだろう。
ODの存在も知らないし、OD=自殺ではないことや、ODによって心臓発作を起こすこともあるなど、知らないだろうから。

まーODが原因かどうかはわからないが、わたしにとっては、警察が「死んだ日、この人とは話もしていないし、これ以上調べようがありません」で終わってくれればありがたい。
親族の人が直接電話をくれたらなにか話すけど、痛くもない腹を探られるのはキツイ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。