途絶えた連絡 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

途絶えた連絡

sake6

元彼Sちゃんから、年末からまったく連絡がないのである。
新年の挨拶もしていないよ・・・。
Sちゃんらしくないな。

わたしは嫌な予感がした。
Sちゃん、最近、仕事が忙しいを連発していたな。
過去にいた友だちも、みんな仕事が忙しいって言って、去っていったんだよね。
Sちゃん、いつまでわたしの友だちでいてくれるかなと思っていたけれど、もう見切りをつけたのかな。
だとしたら、思っていたより、随分早いな・・・。

わたしは精神障害者でキチガイだから、近くに寄った人は、必ず迷惑をかけられる。
先日発見した、ある人に送ったメッセージが、すごい長文で支離滅裂だったので、わたしは「あれー。こんなの送ったっけ?」とびっくりした。
こんなの送られたら、誰だって「この人怖い」になるよ。
うーん・・・。Sちゃんは度量のある人だと思っていたが、さすがに・・・。

あと考えられるのは、「わたしがお酒を飲まなくなったこと」。
Sちゃんは、わたしとお酒を飲むのが好きだと言っていた。
実際の話、酒飲みが楽しい時間を過ごすのに、酒の飲めない人と一緒だとつまらんというのはある。
Sちゃんは、「酒を飲まないゆみは、どう扱ったらいいのかわからん」とも言っていた。
一緒にスッポンを食べて熱燗をやろうとか、温泉に入って冷えたビールを飲もうとか、楽しい計画もあったしな。
アルコールは文化だから、適度にやるのは、人生の潤いだと思うんだよね。
でもいまのわたしは、両親・H主治医から、「酒を飲むんじゃないだろうな」と監視されているので、それはできない。

Sちゃんがどっちの理由あるいは、どっちもの理由で、離れていこうとしているのかわからない。
でも、Sちゃんの考えていることは、常に常識の真ん中でブレることがないから、わたしに口は出せない・・・。
なんだか、肩が落ちる。
わかっているんだけど、誰からも相手にされないわたしって、生きていて何が面白いんだろう?

人が離れていくときの、「返事来ないな、まだかな、まだかな」って思っているときの自分が、痛々しい。
メールの本数が減ってくる、返事が返らなくなる、会ってくれなくなる、・・・それでも、気がつかなかったりする。
あとで、「あっそうかー。わたしって、また見捨てられたんだー」と気づく。
正直、辛いんだよね。
病気であって、悪意がないからね。

 

該当の記事は見つかりませんでした。