失ったもの - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

失ったもの

wine_josei2

昨日も、元彼Sちゃんから連絡はなかった。
まあ、毎日連絡してとお願いしたわけじゃないけれど。
ほんの10月までは、毎日、うるさいくらいにスカイプしようぜって言ってくれていた人だけになあ・・・。
腰が痛いにしても、やっぱりどこかこころが離れているような気がする。
それに、ギックリ腰はともかく、椎間板ヘルニアは半年~1年あるいはもっと、治らないんじゃないか。
その間にSちゃんは、わたしとの関係をうやむやにするつもりじゃないのかな。・・・

わたしは、こんなにSちゃんのことばっかり心配している時点で、自分はもう駄目だと思った。
10月あたりから続いている「心配病」のターゲットが、Sちゃんに移っているだけなのだ、きっと。
その証拠に、いまだにネットを見ては「生活保護の窓口って、こんなに非人間的なことを言うんだ」と怯えたし、TVを見て北朝鮮がICBMの実験をすると聞いただけで、「いつか日本が戦場になるんじゃ」と震えてしまった。
おかしい、もう絶対病気だよ。

まえの自分はどんなだっけ、と自分を取り戻そうと考えた。
10月頃までの自分は・・・、とにかく一日中寝っ転がってなにもせず、ビールを1日3本飲んでいた。
あんなに暇を持て余していたのに、平気だったのはなぜだろう。

わたしは、「アルコールだ」と思った。
アルコールは、友だちとして機能する。
程よく気持ちよくなっていれば、あとの細かいことは考えなくてもいいのだ。
友だちがいなくたってかまわない。
でも、そんな生活を続けていたら、いずれアルコール依存症になって、人生が破綻すると思う。
わたしが断酒したのは正解なのだが、その代わり、考えなければならないことができてしまったってことか。
16年分の考え事だもんなあ・・・。そりゃ、パニックになるよ。

あと、わたしは常に女性として、見た目をカッコよく飾り付けるのが好きで、それに伴い、外に出て自分をアピールして、自己満足を得るという趣味があった。
それがいまは、すっかり自信を失って、できなくなっているのだ。
自信を失った理由は、「どうせ自分はキチガイだから、この街を歩いている人たちとは違うんだ」という考えからである。
歩いていても、風景がどこかよそよそしくて、なにか自分が縮こまっていなければいけないような気になる。

考えたら、10月以前のわたしといまのわたしは、かなり状況が変わっているのだ。
酒をやめた、趣味がなくなった、友人Kが亡くなった、最大の友人Sちゃんに距離を置かれた、――急にいろんなものを失ったのである。
それで、どっちを向いたらいいかわからず、固まったまま、あらぬ心配事ばかりしている?・・・

でもいまは、酒をやめて家事手伝いをしているんだし、ジョギングもして、前よりずっと正しい生活をしているはずなんだよ。
それがなんで、悪い方向へ向かうの?
おかしいじゃないか・・・。
このままよくあるように、障害者が両親とともに老いていって、やがて一人で朽ち果てていくんだろうか。
それはいつか来る未来だけれど、いまじゃない、と思う。

しつこいけれど、最大の理解者Sちゃんは、こんなわたしの心境をお見通しなはずだと思う。
その上で、去っていこうとしているのかな・・・。
孫たちに囲まれて、大変だけど幸せな家庭を築き上げたSちゃん。
その豊かで温かい暮らしぶりを見ているだけで、わたしは支えになったんだけどな。
拒否られて、明るい窓の外を立ち去る自分って、なんか憐れだな。
わたしはこれから、どっちを向いてなにをすればいいのか、わからない。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。