ベルト被害 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

ベルト被害

beruto

昨日はひどかった。
朝から、まだ身体がかゆくて、全身をボリボリ掻きむしっていたのである。
掻き方もなんだか変わってきて、一ヶ所をボリボリ掻いて、ああ終わり、じゃなくて、次々と痒いところが出てくる感じ。
ついにわたしも、「これ、ほんとに牛肉にあたったのか?」と疑いを持ち始めた。

とりあえず薬局に行って、抗ヒスタミン剤をもらってくる。
そして、自室で本を読みながら、ふと「やっぱりおかしい、考えろ!」と考えたとき、「歯ブラシとベルトを買った」と思い出した。
ベルト・・・、これまさか?
でも、痒いのは腰からきたんだしな・・・。

反射的に、わたしはベルトを抜いた。
そして、心配していた母に「これじゃないかと思う」と言った。
「そうでしょー。わたしもそれじゃないかと思ってたのよ。最初にまずそれが思い浮かんだけど、あんたが違うって言うから」

え? 確かに違うって言ったけど・・・。
母によると、わたしは変で、ふつう「腰がかゆい」→「ベルトじゃないの?」と言ったら、「そっか、新しいベルトのせいか」と思うらしいが、わたしは「なんで? ベルトなんかいつもしてるじゃん」になるのだ。

ともかく、ベルトを抜いたら、急に身体が軽くなった。
なんなの? いったいどんなベルトなのよ!
「中国製はすごいなー」
「こわーー!」
と家族で口々に言い合った。

それでしばらくは楽だったのだが、夕方にかけて、またかゆさが出てきた。
でも今度は、あたまや首が出なかったので、たぶん掻きむしって傷だらけの身体に、衣服がこすれたのだと思われる。

今日は、まだ少し痒みが残っているが、身体全体のピリピリ感はなくなった。
うはー、災難だった。
いま身体じゅう、赤い斑点がどばーっとあって、掻きむしったあとが生々しい。

元彼Sちゃんに話してみた。
すると、「ストレスで免疫力が、下がってるんだよ」という回答が返ってきた。
「そういえばわたし、最近オロオロ病で、ずっとしんどかったからなあ・・・。あれか・・・」
「テレビでも見て、バカ笑いしてなよー」
将来の心配をするまえに、自分の健康だろと自分に言いたい。
ほんとうに、わたしは精神的に弱いし、自己管理ができない。
今回もがっくりだが、母も「家事はちょっとずつでいいから」と言ってくれていることだし、のんびりやろうと思う。

該当の記事は見つかりませんでした。