母とマンション住まい? - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

母とマンション住まい?

tabale

さて、いろいろ調べたところ、マンションの耐久年数は、管理状態によりまったく違うということがわかり、うちはかなりやっているので、まず大丈夫かと思った。

そんな話を母としていたら、母の老後の話になり、「いまの家はもう古いから、10年後くらいには、マンションに移動したいわねえ」ということになった。
それもそうよね・・・。
わたしの能力では、一軒家の維持はできないと言われているしね。

しかし、わたしのあたまに浮かぶのは、どうしても要介護になったときの母の姿なのである。
ヨロヨロ歩けるくらいはいいけど、立ち上がりができなくなったら?
自力でトイレに行けないということじゃないか。

わたしは、その次に、介護ベッドをどこに置くんだ? と思案した。
マンション住まいの人々は、こんな問題をどうやって解決しているんだろう。
マンションって一般に、そう広くないから、やっぱりいまあるベッドは捨てる、という方向になるんだろうか。
わからないことだらけ・・・。これは誰かに聞くしかないな。

母の方は、マンション住まいに憧れていて、生き生きしている。
そりゃ、駅前でスーパーがいっぱいあって(母の趣味は買い物)、病院が近いし、何でもそろっている。
わたしがマンションを買ったとき、両親ともども「これは、便利じゃ。(大分弁。)老後にピッタリじゃ」と言って、まるで自分のもののように話し合っていた。
どちらかが、入居することも視野に入れていたのかな・・・。
それから母は、リビングのテーブル椅子に座って、「あー。ここなら楽やわ」「住みたいなあ」と、ニコニコと言っていた。
かと思えば、実家で死にたいと言ったり、わけがわからなかったのだが、まー前者の方が強いのかもしれない。

いまのわたしは、母と楽しく生きていこう~というよりも、大丈夫なのか・・・、という不安でいっぱいである。
そもそも、わたしは日常生活をできないレベルの障害者だから、一人ならヘルパーを入れてなんとかなるにしても、二人は困難だと思う。
母親は、どうにもならなかったら、「施設に入れれば」と言うが、お金もないのに、そう簡単でもないだろうし。

老後の不安を抱えている人は、確か40%以上だったと思うが、ほんとに心配だ・・・。
やっぱり、このなかのほとんどは、介護・資金の問題なのかな。
元彼Sちゃんの安泰な老後が思い浮かぶ。
娘夫婦と孫2人と7LDKで、ワイワイ、「もうくたびれたよ」という贅沢な悩み。
人と比較しても仕方ないけど、なんとなく、生きていくのに疲れるわ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。