冷やし中華の話など - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

冷やし中華の話など

hiyashi_chuka

昨日は、4日ぶりに元彼Sちゃんと話した。
Sちゃん・・・、まえは冷たくなったと思っていたけど、最近マシ・・・?
この頃は、わたしも上の空にならず、アハハな話をしていたからだろうか。

どっちにしても、ラインしても、ずっと寝る直前にしか返事が来なかったのが、いまは速攻返事がくるようになった。
悪いけど、男だなーって感じ。
男性は、女性に対して、面倒くさいと思ったら、おかまいなく冷たい態度をとるけど、女が「ねぇ~ん、ルパ~ン」と近づいてきたら、ばっと身をひるがえして、「ふ~じこちゃん!」になったりする。

そんなわけで、峰不二子になったわたしは、「今度いつ会えるの? なに食べるの?」と直球を出していた。
「わたし、暑いから、冷やし中華が食べたいな」
「冷やし中華、美味しいね。今度はそれにすっか」
「フライパン要るね。卵焼き焼かないと」
「外に食べに行くんでもいいよ」

それから、冷やしうどんの美味しさの話に変わり、夜は焼肉を食べようという話になった。
焼肉、嬉しい!
新世界の串カツでもいいけど、とにかくわたしは、どこか外に連れ出してほしかった。
ほんとに、家のなかだけじゃ、息がつまるよ・・・。
Sちゃんがいなかったらと思うと、目の前が暗くなるよ。

しかし、美味しい話をした後、なぜか話が老齢年金のことになり、Sちゃんが「仮に、年収を二千万だとしたらよ?」と例を挙げたので、わたしは仰天して、「Sちゃん、いまの人の年収知ってるの?!」と詰め寄ってしまった。
富裕層は、すでに貧困層と致命的に解離しているわ・・・。
わたしは、年金受給が70になろうが75になろうが、5年間の空白ができてしまうんだよ、と言ったのだが、Sちゃんはこともなげに、「それまでには、じゅうぶん貯金があるでしょ」と言うのだった。
何気に腹が立つので、こういう話はやめにしておく・・・。

だけど、こういうわたしって、ほんとにキャバ嬢で、富裕層にエサを与えられて、あたまを撫でられて、わずかな享楽を頂いている、せこい貧困層って感じだなー。
まー障害者の行く末なんて、そんなもんだろうけど。
なんか、一抹の寂しさを覚えるわね。
昔は、一億総中流家庭で、わたしもその一人だったわけなんだし。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。