父とわたしと妹 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

父とわたしと妹

blueangry

「(元彼)Sさんから、連絡来ないの?」と、母が昨日、訊いてきた。
「もう、明日の話になるけど」
「仕事急に入って、頑張ってんねんやろ。ギリギリまで連絡けーへんよ」

母は、わたしがSちゃんと約束した、今日のお出かけのことを言っているのだ。
訊かれたときは、なにも考えなかったが、ふと、「母は、わたしがいない間に、妹を家に呼び寄せたいのだ」と気がついた。

それで、Sちゃんの報告を待つ。
すると、Sちゃんは、昨日の夕方、やっとLINEしてきた。
「大丈夫だよ」
「そか。じゃ、冷麺を食べに行こう」

それで妹は、今日の夕方、来ることになった。
わたしと妹は、お互い双極性障害で、なにがあっても必ずぶつかる。
わたしはわりと、けろっとしているのだが、向こうは頑固で、一度気に入らないことがあると、数年間に及んで連絡を絶やす。
2年くらい前の高校同窓会で、挨拶をしに行ったら、臭いものから遠ざかるように、無言で立ち去った。
人が見ている前で・・・、わざとらしく恥をかかせて。
二度とこっちから折れる気はない。

この度は、妹は末期ガンの父に会うために来ることになる。
父の状態は、まだ元気なものの、頭髪がなくなっている。
そのことを本人はとても気にしていて、ときどき自虐的なことを言っている。
腹水は、CTでは少し溜まっているとのことだったが、見かけは変わらない。
精神科のH先生によると、「それでまだ元気? ん?」ということだった。
長持ちしているということだろうか?・・・

もう、両親ともどもあきらめているが、わたしと妹のあいだは、修復しない。
これを、親不孝と呼ぶんだろうなー・・・。
でも、双極性障害って、遺伝と関係ある病気で、70~80%の発症率である。
双子でこれが生まれてしまったら、お互いを軽蔑し合うのは、宿業ってもんだろうか・・・。

Sちゃんは、「(父のために)穏やかな生活をしてあげることが、いちばんだよ」と言う。
そうだねー・・・、父には悪いけど、わたしと妹は別行動の方が、いいんだろうな。
しかし、こんなことを永久にやっているつもりだろうか、とも考える。
人生は、まだまだ長いのにな。

該当の記事は見つかりませんでした。