旧家の人 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

旧家の人

suberidai

昨日は、元彼Sちゃんと遊んで帰った夕食時、話題がSちゃんになった。
Sちゃんは、毎回大阪に来てくれたとき、高価なお土産を、「ご両親に」と言って、持って来てくれる。
いままでのカレシで、そんなことをする人は1人もいなかったので、両親はびっくりしたのだが、いまでは期待でワクワクしている。
今回は、滅多に手に入らないお茶と、あゆの甘露煮だった。
父は、「これは高い」と唸った。

「まえのほら・・・、鶏の手羽先も美味しかったな、柔らかくて」
「悪いのぉ・・・、こんなにもらって」
「旧家だから、誰に出そうと、しょぼいクッキーじゃ駄目なんやろ」←わたし。
「なんやっけ、トラ・・・トラ・・・」
「トランポリン。滑り台も2台あるらしいで。遊園地にするつもりかな」
「すごい家があるもんじゃなー」
「母屋は50人が宴会できて、Sちゃんちはその横の7LDK」
「ほうー。でも、蔵ないということは、戦争で持っていかれたのかな。お宝は?」
「お宝はないよ。いちばん大事にしてるのは、1万円で買った日本刀と、3千円で買った掛け軸」

と、下々の者は、ただただ伝統ある旧家というものに、感嘆するのみだった。
「いったい、なんの話するの?」
「政治」
「それで、どんな感じ・・・」
「説教くさい!! 人が話そうとしても、”待て、俺が話すから待て”!!」
「あっはっはっは」

そして、Sちゃんがわたしと別れたあと、滋賀の自宅で、孫のザリガニ採りに付き合わされたことを話した。
「今度、わたしにもザリガニ食べさせてくれるらしい」
「えー。あれ、食べれるの?」
「フランス料理にあるよ」
「へー。そばに綺麗な川があるんやな・・・」
母は、自分の田舎を思い出したようだった。
うちの近所には堤防があるけれど、その川は一時、汚染された日本有数の川である。

わたしは、洗剤がぶくぶく浮いた川を、団地から見ていたので、綺麗な川と言われてもピンと来なかった。
大阪の団地で育ったわたしは、Sちゃんや母と、たぶん感覚が違う。
Sちゃんは、自然あふれる土地で、ぼっちゃんと呼ばれて育った人で、こっちは核家族のカギッ子である。
ただ、自然を感じることは大事だよ、と教えてくれたSちゃんに、感謝している。

でも今後、Sちゃんちみたいに、曽祖父から孫まで、一緒に暮らしているような家って、だんだんなくなるんだろうな。
そしてSちゃんちは、昔の日本家庭の標本みたいになっていくのかな。
ふと、わたしのあたまに、縄文時代の生活のジオラマが浮かんだ。
不思議だけど、旧家にはなんとなく哀愁を感じてしまうな。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。