アダルト動画の憂鬱 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

アダルト動画の憂鬱

heart6

昨日は久しぶりに、アダルト動画を観ていた。
しかし・・・、なんでいつもこう、同じパターンのものばかりなのかね。
それと、女優さんがやっているのはいいんだけど、その他大勢は素人同然だよね??
ギャーギャーみんな、同じわめき方。
はい、あなたもういいです。――と、先送りしたいし、そうしている。

それにしても、なかには「ちょっとこれ、ほんとうに中学生じゃないの?」という体格の子もいて、なんか怪しいね・・・。
わたしもたいがい晩熟だったが、高校のときは、一応女性らしくなっていたよ。
うーん・・・。どうなんだろ?
虐待で家出とか、貧困な親が子を売ったとか、そういうのあったりして・・・。

それから一瞬、アレー? と思ったのは、大学の陸上部を名乗る女性だった。
陸上トラックがあって、仲間との練習風景があって、そのまんまその人がロケバスに入って、撮影を始める。
しかし、わたしの時代だと、練習のときはTシャツランパンであって、決してユニフォームは着ないんだよね。
やっぱ、にせもんだろうなー、と思いつつ、それにしては、やたら製作費かけていないか? とか気になる部分はある。

わたしがこんなことを考えてしまうのは、最近の大学生が、お金がなくて、高い奨学金の返済のために、風俗店で働いている人もいるという話を聞いたからである。
風俗に勤めている女子学生がいるなら、アダルト動画に出ている真面目女子学生もいないだろうか?
ただ、アダルト動画の問題は、ネットに出回って、一生つきまとわれることである。
あれは全員、よく考えた方がいいよと言いたい。

とまあ、このへんの女性事情は、男性にとっては、「もうわかった話でしょ」なのかもしれない。
ただ売春は、古代エジプトからあったから不滅だが、アダルト動画に関しては、精巧なCGかなんかにならないもんかな? などと考える。
それは無理! って怒号が聞こえてきそうな気がするけど、一昔前は、エロ本だったんだし、江戸時代は浮世絵だったんだし、この先もわからないよな? と勝手に思う。

さて、なんでわたしが、こんな持論を唱えてしまうかというと、じつは、アダルト動画に出ている女性は、ほとんどがお金に困っているわけで、それを思うと、わたしは、彼女らを直視できないんだよね。
あえいでいるはずの場面で、「イタイ」なんて言っちゃって、下手な芝居をしているなーなんて思うと、ほんとうにこころが沈むんだよね。

該当の記事は見つかりませんでした。