LINEで大盛り上がり - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

LINEで大盛り上がり

sisa2

昨夜の、大学体育学部のグループLINEは、盛況だった。
沖縄で飲んでいるという、男子柔道部の面々からスタートし、いろんな同級生が、過去の話で大盛り上がり。

うちの大学の女子は、授業で体操競技をしなければならないのだが、そのテストがセクハラ満載で、「パンチラ加点」というのが、あった。
身体が固いわたしも、必死になって体操部の子から、薄いピンクのエロいレオタードを買い、なんとか60点ギリギリの合格点をもらった。
しかもそれだけでなく、なんとバレーボールの男性教員が、そのテストの見学に来ていたというのだ。
すごいよねー。
いまでは、考えられないよね。

その話に前後して、Yのダンスは前後の動きしかないとか、Hは遊びに行って白鳥にかまれたとか笑っていると、Hがだまれだまれー! とか、やっぱり体育学部は、オッスなところがあるのだった。
わたしは在学中、そのオッスについていけなくて、退学を何度か考えたんだけどね。
だって、学食でスカートを穿いていたら、「スカートや!」って、珍しがられたり、蔑まれたりするんだよ・・・。
よその女子大なんか、ブランドバッグを提げて、通学している時代ですよ・・・。

でもいまとなっては、ブランドバッグを提げている大学なんか、真っ平ごめんだし、思い出はこっちの方がたぶん、断然楽しい。
わたしは、みんながわははと笑っているのを見ていただけだが、それでも懐かしい人々が出てきて、こころが弾んだ。
もしかしたら、これから毎週末に、こんなどんちゃん騒ぎ? が繰り返されるのかな。
嬉しいな。

わたしの今年の目標である「リアルの人間のネットワークをつくる」が、なんだか徐々に実現されそうで、ワクワクする。
お互い、知っている仲だから、一からやり始めなくてもいいし、同級生って便利。
わたしは病気ゆえ、人間関係を破壊し続けてきたが、LINEならみんなとあまり接近しないし、発言に気をつけていれば、なんとかいけるかなという気がする。
今度こそ、粗相のないようにしよう。

それにしても、LINEでこうした同級生同士のやり取りって、年配だとなかなかしないような感じがするな。
たとえ新ツール好きな、59歳の元彼Sちゃんでも、絶対しないな。
その、友だちつきあいの仕方に、わたしは、過去の人と現在の人、という一線を見るような気がする。
つまり、同級生と話をするのは、同窓会だけ、というアナログな世界は、アラフィフあたりでグレーって感じ?
なんだか上の人たちは、セピア色になっていくような・・・。

現在56歳の元彼KJなんかは、同窓会大好き男だったから、LINEがあれば、絶対グループを作っているような人だったけど、いま果たしてやっているかどうかというと、怪しいとわたしは思っている。
彼は、新しいものにあまり目を向けず、モノに関しては無関心といってよかった。
想像すると、「現状維持でいい。いまから新しいことを始めても、対応に追われるだけだ」じゃないかな。
そんで、いまだに一年に一回、同窓会のハガキを120人分送っている、という。
まー・・・、100人が来る同窓会の幹事を、一人でやっていること自体が、異常なんだけどね。

そんなわけで、ギリギリLINEで大学関係のみんなと繋がり、よかったなと思っている。
大学時代はまさか、大人になってからも、教室にいるみたいにワイワイ話せると思わなかった。
テクノロジーの進化ってすごい・・・。
いまはまだ、わたしは見ているだけだけど、会話に入っていけそうなとき、ちょこっと話しかけてみたいと思う。

該当の記事は見つかりませんでした。