男女の会話のちがい - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

男女の会話のちがい

oshaberi

今朝、起きてLINEを見ると、また大学体育学部のグループLINEが、発動していた。
なんだろうと思って見ると、え~? まだ前回の「白鳥に噛まれた」の話をしている・・・!
しかも、「M(わたし)、なんか面白い質問して」と書いてある。
・・・・・・、面白いって・・・、これはふつうに困る・・・。

かねてから思っているのだが、女性の話はえてして、同じところを、ぐるぐる回っている。
前に上に、ぜんぜん進まないのだ。
べつにこれ、あたまがいいとか悪いとかいう問題じゃなさそうだな?
でもそれで言うと、わたしは男性との方が、話がしやすい。

男性の話は、一ヶ所で留まることはない。
詰まったら、黙ってしまうか、話題を変える。
それと、どんな話題でも「わからない」とはあまり言わず、一応自分の見解を出す。
戦闘機の話を持ちかけると、大抵一言くらいはなにか言ってくる。
沈黙が言葉だとすれば、男性との話は、会話がいくらかでも、進行していくのだ。

ところが、女性との会話は、一向に進展しない。
この違いをみていると、女性はもしかして、会話が途絶えてしまうのが怖いのかな?
昨夜の「M、面白い質問して」だって、話が途切れそうだから、いじられ役のわたしを呼び出そうとしたんじゃないだろうか。
その可能性はあるな。
とすれば、今後なにかの際に、わたしの需要があるのかな。
わたしは、人と繋がりたいわけだから、歓迎だけど。

結局わたしは、「白鳥は新潟で、田んぼを漁っているのを見てから幻滅」と書いておいた。
これに突っ込みどころがあったら、また白鳥の話が続くんだろうな。
というか、いまスマホを見たら、まだKちゃんが白鳥の話をしていた。
先生・・・、仕事前では・・・。

わたしに発言力があったら、別のネタを放り込むところだが、それはないので、この状態を黙って見届けるしかない。
なかなか、女性のおしゃべりは、忍耐を要するな。
もちろん、現時点で、男子はうんざりして見ているだろうな。
うーん。
もともとだが、女子の集まりって、よくわからん。

というわけで、グループLINEができて、リアルな人間関係が増えたー、と思って喜んでいたのだが、リアルな人間関係って、泥臭い部分とセットなんだった。
わたしの立ち位置は、先日の決意と変わらず、「出しゃばらない」だな。
なにしろ、ベースに精神病があるからね。
基本、いじられ役として、呼ばれたときだけ、登場しよう。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。