防犯について考える。 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

防犯について考える。

kagi2

昨日は、なぜか防犯について考えた。
わたしはつくづく、毎日べつのテーマで考えごとをしているな。

最初はたぶん、「自宅マンションの窓って、いつ誰が入ってくるかもしれないし、怖いよね」だったと思う。
わたしは、周りからとても神経質だと言われるのだが、どうも窓が気になって仕方ない。
閉めていたらなんとかなんだけど、開けているときに、誰かがいきなり入ってきそうな気がするのだ。
これは、外壁の大規模修理を行われたとき、足場からでっかい男性の声が聞こえて、ビックリ仰天したときからである。
事実、高層階であろうと低層階であろうと、プロの泥棒は入れるし、作業服を着ていたら、不審に思う人はいないかもしれない。

わたしはまず、侵入者にとって、どういう部屋が狙いやすいのかを調べた。
やっぱり、窓からの侵入が多い・・・、開けてある窓。
モノによっては、在宅中でも、使わない部屋は閉めておくこと、と書いてある。
えー・・・、そこまでするか? 一戸建てのこと??
マンションは、廊下側は人がウロウロするから、窓の柵を外したりなんかしたら、明らかに不審者とみなされると思うんだけど。

とりあえずわたしは、あちこちの窓を開けたままにしないようにしよう、と思った。
そして、問題は夜間。
窓のカギは補助鍵をつけ、できたら防犯シートとか、防犯ライトもと書いてある。
防犯ライト? ベランダにつけている人、いくらもいないと思うが・・・。
まえに、ものすごい音が出るやつを付けたことがあるが、あれじゃ駄目なのかな。
とにかく、侵入者にとっては、侵入までに5分かかったら、あきらめ物件らしい。
その5分をいかにつくるかだな。

それとよく言われるように、女性の一人暮らしと気づかれないことだろうか。
うちは、洗濯物は干していないので、住んでいる人の性別・年齢はたぶんわからないと思うが、プロだったら、どこで気づくかわからない。
とはいえ考えたら、うちのベランダは、すでに男が住んでますの様相になっているな。
元彼Sちゃんが出入りしているせいだと思うけど。
それにわたしも、もともとインテリアなどに対して、女性的趣味は持っていない。

それにしても、わたしのように、ここまで防犯を考えていたら、ほかの人たちはどうなるのって感じだよね。
もちろん、オートロックだからって、玄関のカギを閉めない人は論外だけど、ふつうに戸締りしていたら、そんなに被害に遭うこともないよな・・・。
そうなのよ。きっと、わたしの考えすぎ。
ここが病気のところなのかなあ。
でも毎年、窓を開ける季節になると、窓が気になって気になって、仕方ないんだよね。
まったく都会では、どこにいても、安全な場所ってないみたいで、なかなか気が疲れるわ。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。