大学同窓会欠席の巻 - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

大学同窓会欠席の巻

beer3-530x382

昨日は、ついに大学同窓会に行かなかった。
午前中、ギリギリまで様子をみていたのだが、この状態では、電車に乗って帰ってくるのが難しいと、判断したからだ。
わたしは、メンバーのY、H、Rちゃんの3人に、欠席届を出した。
3人とも、ごく短いお見舞いラインをくれた。

「無理しないでね」
彼らはそう書いていて、有難いのだが、間違いなく、わたしは取り残された気分で、しょぼんと落ち込む。
まるで、風邪を引いて、遠足へ行けなくなった子どものようだな・・・。

それからわたしは、またうーーっと唸りながら、何回も読み返した本を読んで、ごろごろ苦しんでいた。
そしてたまに時計を見ては、「今ごろ、お茶を飲んでいるかな」と考えたりした。
ほんとうなら、そこにいたはずなのに。
数少ない、わたしが自然にいられる場所なのに。

そんな感じで、わたしはさえない一日を送った。
その間に、また将来のことを考えて、暗い気持ちになった。
「どうせ年金は、下がるに決まっている。いまでもギリギリなのに、いつかわたしのこの生活は、脅かされるんだ」
「こんな不安定な気持ちで、ずっと生き続けるなんて、しんどすぎる」

妄想なんだろうか。
わたしには、これが真実のように思えてならない。
でも、妄想を持っている人は、それが妄想であることを、絶対認めないらしいから・・・。
よくわからないけど、いま考えなくていいことを、考えているのは、事実らしい。

夕食後、わたしが両親の前で、「もう、休憩!」と言って、洗い物を放棄したら、二人そろって「それがいい!」と言った。
あれ? この勢い・・・。
ああ、朝、わたしが同窓会に行くのをやめた、と言ったあとで、「いつも一人なのに!」と呪いの言葉を吐いたからか。
外へ出たくても、思うように出られない娘を、いたわったというところなのかな?
親はよくわかっているな。

夜、眠剤を飲んで寝ようとしていたら、同窓会メンバーのHから、ラインが入った。
「いま、終わったところ。みんなM(わたし)が来なかったから、残念がってたよ」ということだった。
そうかあ。
それを聞いて、わたしはますます残念になった。
わたしが、人から必要とされることなんて、ほとんどないのに。
なんて、寂しい人生なんだろうな・・。

夏の暑さもあいまってか、思考も身体も、だるくて仕方ない。
甘いものはあんまり好きじゃないけど、アイスクリームでも舐めて、気分転換するか。
なんか、変わったことをしないと、なにも変わらないよな・・・。
でもとりあえず、それはあとの話で、いまはまだしんどいので、ごろごろと休みたいと思う。





該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。