パソコン所持の検討 - LIFE,LOVE&PAIN

LIFE,LOVE&PAIN

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。
-

パソコン所持の検討

pc16

昨日は、うだうだ寝ながら、パソコンがほんとうに必要なのかどうかについて、考えた。
パソコンがなくても、このブログだって、ほぼ遜色なくスマホで書ける。
にちゃんねるだって、スマホ用の方が見やすいんじゃないかっていうくらいだし、いまはどこでもスマホ対応していないところはないな。
ほんとうに要るのか、パソコン・・・。

わたしはなんで、わたしの年代の60~80%もの人が、パソコンを持っているのかについて、考えた。
そして、もしや・・・、と思ったのが、エロ動画である。
パソコンを持っている男性は、全員観るって言うもんな。
確かにあれは、スマホじゃ迫力が出まい。
あとゲーム? は、中高年がそんなにやるのかって気がするしなあ。

よくわからないが、ほかには、元彼Sちゃんみたいに、もともと機械が好きな人がいるだろうな。
時計をバラして、喜んでいるタイプである。
そういう人は、永遠にパソコンを持ち続けたらいいと思うけど、わたしはそうじゃない。
いずれ、「もう、スマホでいいや」の時期が来るんじゃないかと思う。
そのとき、困るのが、Sちゃんとやっているスカイプである。
Sちゃんとのスカイプは、最近では月1回くらいしか、やっていない。
これのためだけに、回線料を払うというのは、ちょっと・・・なんだけど、それを言い出すと、向こうは「お金ないのか、じゃ遊べないな」と、離れていくような気がする。

これは、残酷なようでも仕方ない。
わたしだって、デイケアの生活保護を受けている人たちに、「ビール飲もう」と誘っても、誰もついてこないことに、不満を抱えていた。
この人たちとは、遊べないなあ・・・、という感じである。
がめついようだけど、お金がないと、趣味や遊びもできないんだよね。
これって、恵まれたなかでしか生きていない人には、あんまりわからないかなと思う。

夕方、母といつもの散歩に出かけたとき、「パソコン、やめようかなあ」と言うと、彼女はえ? という様子で「まだ、そんなこと決めんとき」と言った。
「好きなものまでなくしたら、なんにもなくなるで」
「んー、でも、いまはパソコンがなくても、だいたいのことはスマホでできるねん」
「んー。そうかー」
「まあ・・・、パソコンが壊れたら、そのとき考えるわ」
「そうやな、それがいいわ」

そのあとで、母は「年金が下がっても、1万円もいけへんやろ。企業年金かって、数百円ちゃうの」と言った。
そうかな・・・。
確かに、いませこいことをしていて、晩年になってやたらお金を持っていました、というのはバカバカしい。
それにしても、わたしはいつまで、遠い未来のことを心配している気だろうな。
老後の生活設計を考えるなんて、いまを生きていないようで、ほんとうにつまらないことをしているなと思う。

該当の記事は見つかりませんでした。