社会復帰の手がかり - LIFE,LOVE&PAIN(旧)

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

社会復帰の手がかり



昨日は、診察日だった。
わたしはいまは、調子が良いので、H先生に向かってダラダラと話していた。

「このまえ、大学の友だちと話したんですけど、仕事のこととか、生活のこととか、友だち関係とかを聞いて、いいなーと・・・、ないものねだりなんですけど、思ってしまって」
「それは、人には人の苦しみがあるんですよ。わからないだけです」
「そうですよねー」
「人からすれば、あなたは年金もらってていいなーということに」
「そうですよねー。・・・でもこっちは、マイノリティだから・・・」
「何? マイノリティーって」
「だってあっちは、大多数大勢じゃないですか。 悩みも、だいたいみんな同じですよ」←(強引)
「マイナーかどうかっていうのは、そら知らんけどな」
「だいたい決まってると思いますよー。(←強引)受験・いじめ・舅姑・介護・・・」
「しゃーけど、ないものねだりしても、しょうがないわなー」

先生は、わたしがぐずぐず文句を言っているのを聞いて、診察をやめたようだった。
7年越しの付き合いなので、そんなん知らんがなという態度がわかる。
そのうち、話を打ち切るように、血液検査をしますと先生は言った。
ほんとうに、必要な検査だったのかな??

珍しく、先生お手自らの採血だったので、その間もぶつぶつ話していた。
「これから、何かしようという考えはあるんですか」
「昔、〇〇で勤めていたので、そこへ行って、サラリーマンを見ようかと」
「何か、手がかりを見つけようというわけやな」
「最近のサラリーマンの服はかっこいいですし、女性も・・・」
「そっちか」←(超小声)

でも先生は、わたしが、暑いうちはしませんと言うと、いやいや、もう涼しいですよと言ったので、反対ではないらしいことがわかった。
やっぱりとにかく、なにか行動しろということだな。

これは面倒だけど、オフィス街に行かなければ駄目だなー。
何もしません、できませんじゃ、どうしようもないもんな。
でもやっぱり、暑いうちは止めよう。
もう少ししてからだな。

20年前と、社会も働き方も大きく変わっているから、きっと街も人も、まったく違っているだろうな。
わたしはいつも、社会と触れ合えないと嘆いているが、働く人たちを外から見るだけでも、何かつかめるかもしれない。
とにかく、このまま障害者の狭い世界にいるのは、嫌なんだよね。
何でもいいから、やれそうなことをやって、社会との関わりを持ちたいんだよね。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。