FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
6

いつしか社会の営みが

ie3

わたしが2年前、自分のマンションから実家に移ってきたのは療養のためだった。
当時、精神科の担当医が、一人暮らしをすることを禁じたのである。

そこから、わたしの生活はなし崩し的に崩れていった。
生活が乱れたのではない。なにかちょっとした、自分でやるべきことが出来なくなってしまったのだ。

社会保障を受けるための手続き、日常生活に必要な金の出し入れ、自分のスケジュール管理。
金の管理なんてひどいものだ。わたしはいま、自分の通帳も印鑑も、すべて母に保管してもらっている。だから、自分がどういう金の流れのなかで動いているのかわからない。年金とわずかなバイト収入があるはずだが、出て行くものも細々とあるはずである。お金に関して、親に主導権を握られてしまうと、ほんとうに立場が弱くなる。

自分で「こうしよう」と思い、予算に合わせて行動するという、ごく普通の生活を営むことが出来なくなっている。
わたしが、ときどきひどくやるせなくなるのは、この部分である。
普通に働いて、普通に生活したい。
なんでこんな簡単なことが、いま困難になっているんだろう??

今日は、見知らぬ老女が実家を訪ねてきたので、わたしはセールスだろうと適当に扱ったら、どうやらご近所様だったらしく、母は怒り心頭であった。
彼女はわたしにあたらず、モノにあたってガッチャンバッタンやる。わたしは小さな子どものようになって、きゅ~っと内臓が縮む思いであった。怖い…。

もう職種はどうでもいい、早く仕事を探して、ここを出て行く算段を考えた方がいいのではないかと目論む。
病気もよくなってきたことだし、自分の家ではない実家で小さくなって居候している必要はないのだ。
問題は、体力である。
わたしがマンションに再び戻るには、せめてフルタイムの正社員なみに働けなければ自立は無理である。
しかし、そこに辿り着くまでにどれほどのエネルギーと時間が要るのだろう。

わたしは、そうやってまた絶望していくのである。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

しまじろう says...""
私も親と同居していたらかなりストレスになるだろうな。。田舎の近所付きあいなんてヤダヤダ。
私も今は休職扱いになっているけど完全にクビになったら実家に帰らなければならなくなります。実家には二世帯住宅だけど兄夫婦の家族もいるし。親は先にいなくなるだろうし、でも兄の方も経済状態が良い訳でもないし、めんどうをみてもらうのは。。
うーん、悪い方に考えると頭がぐるぐるになるので、私はアホになって病気が治る夢を見ながら日々過ごしています。
2006.12.19 21:33 | URL | #- [edit]
緋菜 says...""
状況は違えど、私も担当医から正社員として働く事を禁じられました。が、お金が入ってこないという環境に耐えられなかったので働いてますが(学生だったので蓄えがない)、不眠の時はきついです。誰かに頼る生活はプライドが許さなかったし、それに依存して痛い目をみているので、病気の事はみないフリして働いてますが、最初は大変でした。が、安定ってコワイ。ある程度安定した収入があるので、療養しろ!と言われても、暴れる程の恐怖が・・・。実際ふらふらなので会社でもどう思われてるか解っているつもりですけど。
人間関係というのは、自分が思っているよりもずっと、複雑で理解できないものなのかもしれません。深く関わらなければいいんだと壁を作っても、突き破ってくる人はいますしね。感情が無くなってしまえば楽なんですが(笑)小さな事でほぼ毎日、いちいち憤慨している自分がイヤです
2006.12.20 10:06 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>しまじろうさん
しまじろうさん、闘病中でもいつもまめに整理整頓とかよくされていてすごいなぁ~と感心しています。わたしは家事全般が苦手なので、一人暮らしで辛いのはそこですね(笑)。でも、手抜き家事でもまったくしないと生活のリズムが狂うというものです。
病気のために仕事を辞めなければならないのは、ほんとうに理不尽な気持ちですよね。悪いことをしたわけでもないのに…と天に向かって文句を言いたくなります。
悪い展開ばかりを考えていると、ほんとに頭ぐるぐるしてきますね。なるようになる…とだましだまし生きていくのがいいのでしょうか。
2006.12.20 11:29 | URL | #HpxSj1NI [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>緋菜さん
緋菜さんがわたしと似ている点は、社会のなかで自立した一人の人間でありたいということが、自身にとってかなりの重要事項になっているところでしょうか??
世の中には違った価値観や生き方があるよ…と言われても、なかなかピンと来ないものです。
でも、フラフラ状態になっているなら、会社の人たちも案外「休んだ方がいいのでは…」と思っているかもですね。わたしもフラフラで2年間資格を取る学校に通っていましたが、周囲の心配どおり、やっぱり倒れました。わたしは、資格を取ることをどうしても諦めたくなかったのですが、諦めなければならないときもあるのかなあ、人生って、全然自分の予定通りにはいかないものだなあという教訓を得ました。悲しいことですが。
2006.12.20 11:53 | URL | #HpxSj1NI [edit]
緋菜 says...""
ゆみさんの言葉は的を得ていて、表現がうまいですね。ブログ拝見させてもらった時も思ったのですが、表現自体が好みです。スマート(賢い)ですね。
そうですね。私にとっては、ある人物に私は自活できるから大丈夫だと主張する事と、社会の中で自立した一人の人間である事がイコールです。その為、最重要事項なのです。世の中には違った生き方があるよ、は最もよく言われますが、それに興味がない時点で×です。認めたくないだけなのかな・・?
ふらふらだ、と言われても自分では解らないですよね。自尊心を捨てれば、なんてことはないんだと、この会社に入って気づかされましたが(笑)
2006.12.20 12:49 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>緋菜さん
う~んわたしはかなり間違ったことも放言するので、これがまた要注意なんですが(笑)。
「他の価値観があるよ」とわたしが言われたのは精神科の心理相談でです。しかしなんども繰り返して言われたところをみると、どうもよくわかっていないみたいです。二次元のものを三次元としてひっくり返してみるくらいに、考え方を変えなければならないのかも知れません。
病気のときは、案外自分のことがわかっているようでわかっていないときがありますよね。身近な周囲の人の方が、客観的に見れていたりすることがあるかも知れません。もし、いまの自分が倒れる前の自分に言うとしたら、「もう無理だって、ペース落とせって…」って感じですね^^;。
2006.12.20 18:04 | URL | #HpxSj1NI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lifelovepain.blog22.fc2.com/tb.php/414-a4969e0e