FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
6

左翼教師と《前にならえっ!》

undoukai_relay

さて、たまにはおカタイ話でもしてみよう。
とはいえ、またゆき妹との雑談の一部である。

ゆき妹は、ぼけっとしているようで、案外世の中のいろんなところに目をつけている。
その日のテーマは、教育現場における左翼的な教師についてであった。

「君が代があかんとかどーこー言うてるけどさ~~~、」
そういうことを話しているとき、彼女はぼけ~っと日本茶をまえにして、目は半分くらいしか開いていない。
もしかしたら、寝言を言っているのかも知れない。

「《前にならえっ!》とか言うて、集合させてるの、あれこそ軍事教育やないか…。そのことについてはナンデ誰も文句言えへんねん?」
「それもそうやなぁ~?」とわたし。
「運動会の練習なんか、まさに軍隊の訓練みたいやで。生徒をキチンと整列させて、上からギャーギャー指示して」
「そやなあ~、欧米なんかではそういうのないかもなぁ…」
「第一、《小さく前にならえ》ってアレなんやねん?!あんなもん、軍事教育のなかでもあるのか」
「《小さく前にならえ》なんかない」
バサッと新聞の音を立てて、もと自衛隊にいたことのある父が断言する。
「あれは、間隔をちょっと狭くしたいときのために、学校が考えたものなんかもなぁ~…」と再びゆき妹。
「う~~んそうかも…」

そうして、ゆき妹は、再びばたっと寝てしまうのであった。
やっぱり、寝言だったのかも知れない。

それにしても確かに、君が代を反対する教師たちは《前にならえ》とか《右向け右》をどう考えているのだろうか。
わたしも、その点においては腑に落ちないなと考える一人である。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

マツゲ says...""
ヒトの主義主張なんていい加減なものと理解しているつもり
その時自分に都合の良いようにしか解釈しないもので
その主張が矛盾していようが居まいがどうでも良いのでは?
だから私ぁヒトと付き合う上では大抵はいはいと聞いてるかな
ただね公僕が公のルールを無視して個人の主張を通すのは如何かと
反日反日と言いながら日本にこだわっている彼らのようだ
って教師も彼らと同じ思考回路だったっけ?
しかし常々思うけど常識、羞恥心がないヒトが増殖してるなぁ
テレビを始めメディアの影響受けすぎ
か メディアがそんなことばっかりやってるから
実際は変な人が少ないにも関わらず多くいるように見えているのか
う~ん よう判らん でも
給食費払わない、病院の治療費踏み倒し、貸し出し図書を破損、、、公共物の破壊
破壊行為自体躊躇する行動だと思うが
それを無意識にしてしまう若人が増殖してるような
なぁんか日本人らしい人が減ってるような
なんの影響なんでしょうかねぇ
と またウダウダやってしまった(x_x)
2006.12.28 07:46 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>マツゲ
ん~。そうね~。わたしも常々思っているのですが、君が代問題については、一部マスコミに焚きつけられてアレコレ言っている人がいるんじゃないかなぁと…。
国際情勢が不穏になって、急に心配な人が出てきたんでしょうかね??しかし、戦争反対→国家への尊厳反対という考え方は、わたしはどっか変だと思います。
でも、考えたら、義務教育なのに給食費を払うのは変だという親がいるくらいだから、義務教育なのに君が代を無理に歌わせるなんて変だという人がいても全然おかしくないですね。木を見て森を見ない感じの人々だなぁという印象です。
2006.12.28 11:04 | URL | #EZo0x31c [edit]
かつみ says...""
国歌問題や左翼主義など難しく語れませんが、子供の中学校の運動会を見て思ったのは。
集合もだらだら~っ。壇上で誰か話しててもふらふらお喋り。
運動会の練習時は教師の怒鳴り声がいつも聞こえていたのに無駄だったよう(笑)。
軍隊訓練式は自分の時代にもうんざりしていましたが、「かったる~」とだれだれの子供達を見るとオンとオフをどうやって教えたらいいんだろう?と思いました。
やっぱり怒鳴るしかないのかな。
競技や係りの仕事は真面目にやっていたんですけどね~。
2006.12.28 17:00 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>かつみさん
う~ん…怒鳴ってもそれは無理じゃないでしょうか。そもそも、誰かに従うという概念がないんじゃないですかね?
家庭の教育の結果であり、学校の指導が軍隊式であるか否か以前の問題のような気がします。でも、君が代問題に代表される教育の混乱ぶりを子どもは感じ取っていて、なんとなく従いにくい背景もあるのかも知れませんね??
2006.12.29 12:44 | URL | #EZo0x31c [edit]
かつみ says...""
本当におっしゃるとおりで、結局は家庭の教育の結果なのですよね。
帰宅後子供に
「だらだらして!」と怒ったら
え?自分はちゃんとしてたよ?との返事。
「自分だけじゃダメなんだよ!」と益々怒るはめに。
「全体責任」が子供達の間でとても嫌がられているらしく、「集団行動」も同じように考えられているのだとしたら問題だなあと思ってしまいました。
「右向け右」は意外に奥深く・・(^^;)暗中模索です。
2006.12.29 20:46 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>かつみさん
わたしも全体責任というやつが大嫌いでして(笑)、じつはいまでもその意義がよくわからない一人です。一定のモラルを持った職業集団などではそれは有効かも知れませんが、そうではない場合、真面目な人間が損をするのも事実です。
これからの日本に必要なのは、右向け右でいっせいに右を向く集団なのか?と疑問に思います。教育を社会に役立つ人間を育てる場だとすれば、社会の変化に応じて、それは柔軟に変わっていく必要があるのではないかと考えます。
とはいえ、親や現場の人々の苦労は大変なものだと聞きます。わたしは理想を掲げてあれこれ言っていますが、現実的にはそう簡単ではないことも心しておきたいと思います^^;。
2006.12.29 21:44 | URL | #EZo0x31c [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lifelovepain.blog22.fc2.com/tb.php/420-74235675