FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

大浴場の巻・続編

20070403212131
『大浴場の巻』(3/15)で紹介した別病棟のAさんが、わたしが彼女に伝授した《大浴槽でのほふく前進》を実践していたので挨拶したら、「会ったことあったっけ?」と平然と言われた。
おいおい、いまきみがやっているそれは…と、そんなやぼなことは言わず、わたしは「2回目やで」と言う。

これが数日前の話だが、驚いたことに今日、大浴場ではAさんを含むほか3人が、わたしが伝授した《大浴槽でのほふく前進》(しつこい)をやっていた。
ななんだこの様相は?!
孵化したばかりのおたまじゃくしが水槽のあちこちで動めいているようだぞ??

「○病棟のAさんに教えてもらってん」
「運動になるよね」
洗い場にいる人々も口々に言っている。
うぬ。その技の師匠は俺様だぞ!…などと硬いことは言うまい。…

そんなわたしの思いをよそに、Aさんはわたしの横をぷかりぷかりと浮きながら声をかけてきた。
「前に会った?」
「うん、会ったよ」
「×◆△◎」(彼女の特徴・不明瞭な言葉。)
「……」
過ぎ去っていくAさんを見ながら、わたしはなにかをあきらめた。
そして、わたしはわたしの習慣どおり、《大浴槽でのほふく前進》を始めた。

だが、さすがに3人もの人が身体を伸ばしていると、思ったように前へ進めない。
「どいて」とも言えないし、仕方なくわたしは浴槽の浅瀬でぷかぷか腹這い状態で浮いていた。なんだ、これもなかなか気持ちいいじゃないか。

すると早速、めざといAさんが言った。
「ほわほわ浮いてるみたーい」
「気持ちいいよ…」
「ふーーん」

その後、進路があいたので、わたしはほふく前進の続きをやって風呂から上がった。
このぶんでは数日のうちに、新技《大浴槽の浅瀬でぷかぷか》がAさんによって広められるに違いない。
べつにいいけど、大好きな大風呂がおたまじゃくしでイッパイになるのはちょっと困る…。

該当の記事は見つかりませんでした。