FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

心ない言葉


今日はもう、誰とも話したくないので病室にこもっている。
天気がよくて、外は気持ちよさそうだな…。

実家から病院へ帰ってきた昨日の夕方からのわたしは、ぐったりしていた。たぶん両親もだろう。お互いの神経戦で疲れたのだ。

だからといって、他人との合宿である入院生活に安堵できるわけではない。
わたしは、その不安定さをゆき妹にメールで伝えたつもりだった。

ところが彼女は断定するのだった、「行くべきところはアル中病棟やろ」
――え?
「そんだけ辛いんやったら、その力を根本治療に使えばいいのに」

この人は、わたしがアル中が主症状だと思っているのか?
わたしは、鬱病から這上がってきたこの数年間を思うと、悲しさと悔しさでいっぱいになった。
彼女は、わたしが鬱病で落ちているところを見たことがないのだ、ただの一度も!
かなり良くなってから、断絶していた姉妹関係を復活させてきた。

だから、彼女はなーんも考えずに気軽にメールしてきたのだろう。
しかし、気弱になっている入院患者に「アル中病棟に行け」は、心がなさすぎるんじゃないのか。


(↑クリックして下さると励みになります。)

該当の記事は見つかりませんでした。