FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

花嫁独学修業

chinese_nabe

わたしは基本的に料理が苦手で、それでも一人暮らしで働いていたころは、なにがしかのものをつくって食べていた。
しかし、一人だとほんとうに気軽なもんである。
「今日は冷奴で一杯でいっか…」
「今日は昨日のあのマズイ八宝菜の残りを食べよう」
というように、すべて自己責任で残飯整理していけばよかったのである。

しかし、今度キャプテンと住むことになったら、そうかんたんにはいくまい。
彼は、食べ物にあまり固執しない。
先日、うちに来たときは、病院で食パンだかなんだかを食べて、昼に8貫の寿司を食べてもう夕食は要らないと言っていた。
あの筋肉質な身体でなぜ??と思うが、食べるときはとことん大盛りなのである。だから人は彼をみて、「あんなに食べているのに太らないなんて?」と首をかしげる。

それはともかく、いくらそういう逆食通人間だって、出てくるものすべてが口に合わなければやっぱりまずいだろう。
わたしは、少しずつマシな料理を覚えようとし始めた。
だが、今日つくったマーボー茄子ときたら、にんじんもピーマンも十分煮えていなかった。
思うに調味料の箱に書いてあるとおりつくったら駄目なのだ。
わたしははじめから、(先ににんじん・ピーマンを炒めるべきじゃないのかなあ)と思っていた、しかし指示どおり茄子から炒めたら、やっぱり具合が悪くなっちゃったじゃないか。
わたしはもう、自分が思うとおりにやることに決めた。
料理の基本は、正確な手順であることはじゅうぶん承知だが、わたしはわたしのやり方でさせてもらう!

と、料理の世界まで唯我独尊なわたしだが、ああこれでは最初の問題に立ち返ってしまうではないか。
「自分さえよければいいのか?」

わたしは少しだけ悩んだ。
それで、やっぱり自分さえよければいいんだという結論に達した。
具合が悪ければ、キャプテンの方からリクエストしてくるだろう。
あと、キャプテンも一人暮らしの経験があるんだから、休職中なことだしなんかつくってもらえばいいや。

そんな感じで、かなりイレギュラーな花嫁修業を、さいきん独学で積んでいる。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

該当の記事は見つかりませんでした。